Monthly Archives: January 2016

Not much has been heard about Mireia Lalaguna ever since she sneaked into Barcelona after winning the Miss World crown. While the Miss World...

Miss Universe 2015 Pia Wurtzbach started her reign through a series of interviews with the American press. From CNN to radio stations to US...
Other contestants comfort Miss Colombia Ariadna Gutierrez, center, after she was incorrectly crowned Miss Universe at the Miss Universe pageant on Sunday, Dec. 20, 2015, in Las Vegas. Miss Philippines Pia Alonzo Wurtzbach was named Miss Universe

by Latino Observer Venezuela, Angola, Montenegro...do I see Peru in there as well, all running to hug and support Ariadna Gutierrez. I saw the videos...

The Philippine Postal Corporation has announced that it will issue postage stamps honoring Miss Universe 2015 Pia Wurtzbach. Stamps are usually issued in honors...

The year 2015 will go down in pageant history as one of the worst for India in recent memory. Since the Big4 Pageants came...

It looks like the confusion at Miss Universe 2015 was not simply about who really won. It seems there is also no certainty as...

Después de la larga espera el gran momento para los fans mexicanos ha llegado. Fue un sabor agridulce el que dejó la clasificación de...

Pageant analysts labelled him different titles, from the Perez Hilton of Miss World to a breath of fresh air, but TV personality and PR...

It seems that Miss Universe India 2015 Urvashi Rautela and international singer Seal couldn't get enough of each other. Bollywood beauty Urvashi Rautela, who represented...

Lenty Frans, a 21 year old beauty from Antwerp won the Miss Belgium 2016 crown during a fabulous event held in De Panne and...

日本特集 2015年ミスコンのニュースメーカー     第7位 中川愛理沙さん−品川で咲かせた桜の花  2015年ミス・インターナショナル日本代表の中川さんは開催国の代表として世界の代表をもてなし、SNSやメディアを通して活動を広く伝えました。世界大会での入賞はなりませんでしたが、桜の花びらをデザインした着物姿が高く評価され、ベスト・ナショナルコスチューム賞を受賞しました。 第6位 岡根安里さん−日本人初のトップ10入賞  初の日本代表としてミス・ユナイテッド・コンチネンツ世界大会に出場した岡根安里さん。20歳の若さで挑戦した初の世界大会で大きな注目を集めました。カムイの着物はナショナル・コスチューム部門で3位に入賞し、岡根さんは世界大会で見事トップ10入賞を果たしました。   第5位 3年連続の出来レース:ミス・ワールド日本大会  予想通り、3年連続オスカー所属のファイナリストが日本代表に選ばれ、世界大会に出場しました。日本大会には完璧な英語を話す女性、日本語で上手に受け答えする女性、タレントのある女性、立派なBWAP(目的のある美の計画)を持ち実際に活動する女性が何名も参加しましたが、評価され選ばれることはありませんでした。2年連続準ミスに選ばれた吉岡仁美さんはミス・ワールド・ジャパンの活動に最も多く参加するなど、日本代表にふさわしい活躍を見せています。  ミス・オスカー・ワールド日本大会。純粋な気持ちで大会へ出場する女性たちの気持ちを踏みにじる、日本国内で最も納得のできないミスコンです。 第4位 ミス・グランド日本大会−初の開催   セミ・ファイナルが有楽町駅前広場、そしてファイナルが八芳園で行われました。ミスコンの専門家たちがウォーキングレッスン、ファイナリストへの衣装の提案・確認、オープニングの振り付けを担当、トップ3のイブニングガウンの準備(フィリピンの有名デザイナーによるデザイン、縫製)、世界大会で結果を出した日本人2人を特別講師として招待、音楽の準備・音響を担当、写真撮影、SNSへの頻繁な投稿、動画の作成・上映、確かな情報をファイナリストへ伝える、集計システムの作成、ファイナルの進行を行うなど、 ミス・ワールド日本大会と全く正反対で納得のできる日本大会となりました。 またその大会では、2014年世界大会優勝のDaryanne Leesさんが審査員の一人を務めました。 第3位 ミス・グランド日本代表−田中綾郁フィーバー  世界大会が行われたタイの地元ファンの心を鷲掴みにした田中綾郁さん。看護師としての経験や目標、ウォーキング、手作りのナショナル・コスチューム、ベスト・イブニングガウン賞を受賞したガウン、おもてなし、表現力、発信力、チャーミングな笑顔が大きく評価され、田中さんは世界大会で見事トップ10入賞を果たしました。 第2位  ミス・インターナショナル・クイーン・オブ・コーヒー世界大会優勝−内田有理さんの活躍  2015年、年明け後すぐの世界大会で感動の優勝を果たした内田さん。その後も国内を駆け回り、コーヒー関係の仕事やイベントへの参加・取材、自習、本の出版と活躍を広げています。現在コンロンビアで行われている世界大会でも前年度優勝者として大会を支え、地元の人々と近くそして深く関わり、大会を盛り上げています。 第1位  ミス・ユニバース世界大会−宮本エリアナさんトップ10入賞   宮本エリアナさんはアメリカ人の父と日本人の母を持つダブル。彼女は初のダブルの日本代表として、ネットなどでも注目を集めました。Missosologyは、宮本さんが長崎県代表に選ばれた直後から彼女に注目し、すぐに取材するなどし、日本語と英語で記事を書き投稿し続けました。その結果、宮本さんの存在と活躍が世界中へ広まりました。宮本さんはその後多くの取材を受け、メディアにも取り上げられました。注目の出場者として世界大会に出場し、トップ10入賞を果たしました。

"In four minutes they destroy your dreams, they throw it in a bag, and they throw it in the trash. They could have...
//zigoutheem.com/4/2224625