Tags Posts tagged with "Miss Supranational Japan"

Tag: Miss Supranational Japan

Mayuko Hanawa, 27, becomes the first Filipina-Japanese to win the top crown in any major pageant in Japan. Mayuko joined at Miss...

"It's in times like this that we are humbly reminded by the relevance of beauty pageants in today's society."

Rina Okada, representing Hokkaido, was crowned Miss Supranational Japan 2021 during the finals held September 26. The 27-year-old model...

9月22日(火)埼玉県の行田市にて、ミス・スプラナショナル・ジャパン2020(以下、MSJ) が開催。日本で最大級となる象徴的なクラウンは、3度目の挑戦となった清水絵未里の頭上に輝いた。 コロナ禍により、さまざまなアクティビティーやショーアップしたステージは省かれ、関係者だけを招いた簡素化されたものとなった本大会。大きな声援や割れるような拍手が飛び交うこともなく、全体的に寂しさを感じるものであったが、振り付けや複数回におよぶ着替えもないため、ファイナリストからは「本番は自分に集中できます」という声も聞かれた。 何度チャレンジしてもいい!3度目の正直で掴んだクラウン

Third time's a charm for Emiri Shimizu as she finally captured the Miss Supranational Japan crown.

By Mariko Ankai さて問題です。8月25日に行われたミス・スプラナショナル・ジャパンについて、次の問いに YES か NO でお答えください。 ① 身長が高くなければファイナリストにはなれない。→ NO!② はじめから自信満々の人ばかりが集まっている。→ NO!③ 出来レースである。→ NO!④ ライバル同士のキャットファイトがある。→...

Meet the finalists of Miss Supranational Japan 2019. Finals will be held on August 25th (Sunday) at Tokyo's Kanda Myojin Hall....

Yurika Nakamoto, a 23-year-old volleyball player and model from Okinawa, Japan's only sub-tropical prefecture, wins the Miss Supranational Japan 2018 title.  She bested 28...

  Miss Supranational Japan 2018 unveils 30 finalists Miss Supranational Japan has officially unveiled the 30 finalists vying for the title of Miss Supranational Japan 2018. ...

  2018ミス・スプラナショナル・ジャパン兵庫代表が決定  モデルの片山真理さんに栄冠   2018ミス・スプラナショナル兵庫大会が3月31日(土)にホテルクラウンパレス神戸で開催。兵庫代表にはモデルの片山真理さん(25)が選出された。 今年、日本大会へ出場する他の都道府県から4名の代表が会場へ駆けつけ、兵庫大会に花を添えた。 「群衆の胸が弾む音楽」がコンセプトのバイオリニスト、そしてピアニストとして国内で活躍する籠谷紗季さんも兵庫大会に応援に駆けつけ、美しい演奏を会場いっぱい、そして一人一人の心へと届けた。 トップ3 ウィナー 片山真理さん 2位 吉原香月さん 3位 原穂里さん 「競う競争ではなく、共創」を合言葉に大会を盛り上げ、成功させた2018スプラ兵庫大会。 2015年日本代表の竹内美絵子さんの出身地である兵庫県。再び日本代表がこの地から誕生するのか? 5月6日(日)日本大会の楽しみがまた一つ増えた。

MISS SUPRANATIONAL KANAGAWA 2018   2018ミス・スプラナショナル神奈川大会が3月28日(水)にパセラリゾーツ 横浜関内で開催。神奈川代表にはモデルの矢田百恵さん(20)が選出された。 12名のファイナリストたちは、様々な世界大会で活躍した元日本代表5名からレッスンを受け、大きな成長を見せるハイレベルな戦いとなった。初の神奈川大会は150名以上が来場客し、70名以上がアフターパーティーに参加するなど大成功。2016年ミス・スプラナショナル日本代表の長嶋里沙さんがディレクターを務めることでも注目を集めた。 2017年ミス・スプラナショナル日本代表の越川友貴さんと2017年ミスター・スプラナショナル日本代表の植草孝規さんが司会を務め、スプラらしいあたたかい空気が会場に流れた。さらに、今年日本大会へ出場する他の都道府県から8名の代表が駆けつけ、神奈川大会に花を添えた。 【トップ5】 ウィナー 矢田百恵さん 2位 蛭田麻弥 さん 3位 和田ジェサスさん 4位 クロル アリス さん 5位 倉田 カサンドラ リンさん 【特別賞】 フォトジェニック賞 - 蛭田麻弥さん ソーシャルメディア賞 - 森理恵さん ベストタレント賞 - クロル アリスさん ビューティフルスキン賞 - クロル アリスさん トップモデル賞 - 和田ジェサスさん パーソナルボディラボ賞  - 蛭田麻弥さん & 矢田百恵さん   既に国内だけでなく世界のミスコンファンの間でも注目を集めている2018年神奈川代表の矢田百恵さん。さらに成長した、彼女の2ヶ月後が楽しみだ。 最後に2018年神奈川大会のディレクターを務め昨日まで突っ走ってきた長嶋里沙さん、そして彼女を支えた仲間やスタッフに感謝の気持ちと「お疲れ様でした」という一言を送りたい。

Kyushu Island, in the southwestern end, of Japan recently crowned three prefectural winners to complete all seven prefectures in a full-house event held at...
//rausauboocad.net/4/2224625