Tags Posts tagged with "Sari Nakazawa"

Tag: Sari Nakazawa

  今年のミス・ユニバース世界大会も 大盛況で幕を閉じ、クラウンは1953年以来フランス代表に渡った。  今年で第65回を迎えたミス・ユニバース世界大会は、超満員となったSM Moaアリーナで開催され、歯学を専攻するフランス代表のIris Mittenaereさんが夢にまで見たクラウンを手にし、日本代表の中沢沙理さんはトップ13入りを逃した。  オーナーが現在のWME/IMGに変わってから2年目を迎えたミス・ユニバース。世界大会の結果から私たちは何を学ぶことができたか? それは大きく分けて3つある。 1、ウォーキングと外面の美への評価が下がる ベネズエラ代表がトップ13入りを逃したことから分かるように、完成されたボディ、欠点の全く見つからないステージ上での立ち居振る舞い、最高のキャットウォーク、作り込んだメイクは今日のミス・ユニバースではそれほど重要視されてはいない。  ミス・ユニバース・ジャパンは今でも、出場者がウォーキングレッスンとメイクを習う“ビューティーキャンプ”に力を入れ強調しているが、完全に廃止はしなくともその期間は短縮される必要がある 。 より多くの時間は一時的ではなく、長続きし世界的にインパクトを与える自分自身のストーリーを伝える時間に費やされるべきである。 例を一つ挙げたい。ミス・カナダのSierra Bearchellさんは以前ミス・スプラナショナル・カナダ代表として活躍。今大会、彼女は決して日本人好みのスリムな体型ではなかったが、トップ9に入賞。ミス・ユニバース・カナダ大会期間中、Sierraさんは試験のために猛勉強。ほとんどの活動やビューティーキャンプを欠席。ミス・ユニバースについて何の知識もない人々やスポンサーによるビューティーキャンプやセミナーは、ミスコンのために準備をする女性たちにとって単なる時間の無駄であると言えるだろう。 「ミス・ユニバースについて何の知識もない人々やスポンサーによるビューティーキャンプやセミナーは、ミスコンのために準備をする女性たちにとって単なる時間の無駄であると言えるだろう。」 2、話題性 今年のミス・ユニバースでは、興味深いストーリーを持つ女性たちがトップ13入りを果たした。  いくつか例を挙げると、ミス・ペルーは大会前に事故に遭遇し左半身が麻痺。数週間後、回復しミス・ユニバースのトレーニングに参加することができた。  ミス・ケニアは両親のいない孤児として生まれた。周りの人に支えられ成長し、ケニアでモデルとして成功を収めている。  ミスUSAはアメリカ陸軍の現役の軍人として活躍し、家系も軍人出身である。  ミス・タイは清掃員として働く母を助けながら成長し、幼少時代は特に金銭的に苦しい生活を強いられた。  昨年、宮本エリアナさんがミス・ユニバース・ジャパンに選出された時も同じように世界で話題となり、トップ10入賞を果たしたラスベガスでもずっと注目を集めた。  このように、ミス・ユニバースは整った顔立ちやゴージャスな衣装以上のものを求め、義務や下心によるチャリティー活動ではなく、真実に基づく人生経験を求め、それらを高く評価する傾向が見られる。 3、自国サポートの重要性 今ではSNSの需要と影響力が高まり、ファンのお気に入りの女性が代表に選ばれなかった時に、運営側がひどく非難されることは仕方がない。 世界最強のベネズエラでMariam Habachさんがミス・ユニバース・ベネズエラ代表に選ばれた時には、相当な数の非難が集まった。  選ばれなかった他のファイナリストたちは、ウィナーのアナウンス後すぐにステージを後にし、そのうちの何名かは大会を出来レースだと非難した。そのようなネガティブな反応がMariamさんの準備にも影響し、自国からの応援といった精神的なサポートを十分に得られなかった。  一方、日本では沙理さんに対し2ちゃんねるや他のサイトに、連日ファンやオタクからネガティブなコメントが多く寄せられた。  もちろん、彼女に対しての非難は度が過ぎていたが...

Written by: Stephen I. Diaz After more than two weeks of pageant activities, it all boiled into this. With the conclusion of the preliminary competition...

2016ミス・ユニバース日本大会(MUJ)を振り返って オープニング・ダンス 今年は全員が白のトップス、そして黒のショートパンツで合わせ統一感がありました。オープニングナンバーは”Word UP!(The Alias Radio Edit) little mix。昨年に引き続きlittle mixの曲が使用され、ダンスの振り付けはここ3年あまり変わりません。お決まりとなっている腰振り・グループごとのソロ・そして中央に集まっての決めポーズ。今年ステージはさらに狭くなりましたが、一生懸命踊るファイナリストは全員輝いていました。 トップ16発表 一番のショックは群馬代表の福井リエさんが選ばれなかったことです。トップ16発表後すぐ彼女について多くのコメントがSNSに寄せられました。  活躍が予想された関東勢からは東京と神奈川代表のみが選出され、四国勢からは高知・徳島・香川代表の3名が選出された。前日に投稿したファイナルホットピックで予想した16名のうちこの日13名がトップ16に選ばれました。ミス岐阜とミス奈良の選出に驚きました。しかし、ミス奈良の高野佑希子さんはダンスそしてスピーチにも自信があり、BC中に行われた最後のスピーチ対決では46人中1位を獲得しました。長崎代表の若林薫子さんはトップ16入賞を逃し、長崎3連覇とはなりませんでした。 水着審査   キャットウォークが上手だったのはミス福島の佐藤真湖さん、ミス富山の中沢あゆみさん、ミス神奈川の高橋未来さんの3人でした。 高橋さんは2年前から本気で日本代表を目指し始め、2012年日本代表の原綾子さんからパーソナルトレーニングを受けてきました。高橋さんのメイク、ヘアースタイルそしてウォーキングなどから原さんの指導力の高さとその成果を見ることができました。 この日、ミス熊本の松本紗也加さんの体はベストに仕上がっていました。   トップ5発表 ミス滋賀・福島・高知・熊本・静岡、この5人の顔つき・肌の色などの基準はまるでミス・インターナショナル日本大会のようでした。 福島テレビは福島大会からずっと佐藤真湖さんの密着取材を続けていて、我々にも彼女の魅力を伝えてくれました。高知代表の西村紗也香さんがトップ5に選ばれ驚きませんでしたか?彼女は以前アイドルとして活躍していました。そして、彼女の最大の強みは決してあきらめないこと。千葉大会そして神奈川大会に挑戦するもウィナーにはなれず、高知代表として日本大会出場を決めました。そんな 西村さんは、昨年東京代表として活躍した多田玉青さんに適切なアドバイスをもらい、本番では全く緊張せずにステージに上がりトップ5入賞を果たしました。 イブニングガウン&Q&A 審査 ミス滋賀の中沢さんの白いガウンはシンプルで美しく、出てきた瞬間に彼女はクイーンのオーラを放っていました。他のイブニングガウンはサイズが合っていなかったり、インパクトが弱かったです。その中ミス福島のガウンは彼女にサイズがぴったりで良かったです。ミス高知のガウンは昨年、宮本エリアナさんが着たガウンを思い出させるデザインでした。   「あなたを漢字一文字、または一言で例えると?」ーミス熊本・松本紗也加さん「向上心に例えます。すごく高い向上心を持っている自信があります。何事にも努力を重ね、成長という結果をもたらすことができます。向上心を持って取り組むことが大切であると考えています」 「あなたが人生の中で最も影響を受けた人は誰ですか?」ーミス滋賀・中沢沙理さん「それはオードリー・ヘップバーンです。彼女は美しいだけでなく、晩年はチャリティー活動に取り組み、その輪を広げました。私もチャリティー活動に取り組みたいと思いMUJに挑戦しました。そういう意味で彼女に大きな影響を受けました」 「世界大会で日本はどんなに素晴らしい国と聞かれたら何と答えますか?」ーミス福島・佐藤真湖さん「私は地元福島と答えます。震災後人と人とのあたたかさ、相手を想い見返りを求めない無償の愛で溢れていました。日本人のやさしさ、奥ゆかしさ、いつも誰かを想う気持ち、そして無償の愛を世界に伝えたいと思っています。」 「自分が美しいと思ったのは何歳の時ですか?」ーミス高知・西村紗也香さん「幼稚園生の時です。記憶はありません。おもちゃのアクセサリーを付け、喜ばしい顔をしている写真が残っています。その写真は子供ながらに自分を美しいと思い、カメラに収めてもらったものです。」 「外見以外で自分が誇れることは?」ーミス静岡・塩月ゆかりさん「それは人への思いやりです。私は10年海外で生活し、日本語が話せないまま帰ってきました。相手に自分の意思を伝えるために、行動を予想したり、相手が喜ぶことを考え行動に移しました。辛い思いもしましたが、友達がたくさんでき今ではその経験を誇りに思っています」 この5人のQ&Aを聞き、多くの人がミス福島・佐藤真湖さんの優勝を予想しましたしかし、MUJでは「あなたが人生の中で最も影響を受けた人は?」この種の質問を受けたファイナリストが3年連続で日本代表に輝いています。2014年の辻さんはクリスティーナ・アギュレラと答え、2015年の宮本さんはマライア・キャリー、2016年の中沢さんはオードリ・ヘップバーン、来年2017年はどのファイナリストがこの質問を受け何と答え、日本代表に選ばれるのでしょうか?注目してみたい。 以前にもこの話をしたが、もしフィリピンの国内大会のように何度でも大会に挑戦できる仕組みが日本でも実現すれば、毎年ファイナリストの顔ぶれこそあまり変わらなくなるかもしれないが、国内大会のレベルが一気に上がり、毎年世界大会でトップ5入賞が当たり前となるような時代が訪れるだろう。一度きりの挑戦権というのはあまりにもったいない。 2015年ミス・ユニバース世界大会でウィナーに輝いたフィリピン代表のPia Wurtzbachさんと中沢沙理さんとの共通点は大手タレント事務所に所属し、モデル活動をしていることです。CMにも出演したことのある中沢さんは本気でミス・ユニバース世界大会に挑戦し、日本代表として世界大会のグランプリを目指しているのでしょうか?また、日本国内でのタレント契約を一度あきらめる覚悟はあるのでしょうか?今後も中沢さんの活動や活躍を伝えていきたい。 GALLERY

Sari Nakazawa, a 22-year-old dentistry student, who represented her native prefecture of Shiga was crowned Miss Universe Japan 2016.  Standing 171 cm tall, Nakazawa...
//kuthoost.net/4/2224625