Tags Posts tagged with "Miss International Japan"

Tag: Miss International Japan

"It's in times like this that we are humbly reminded by the relevance of beauty pageants in today's society."

Chiho Terauchi crowns her successor, Kiko Matsuo as the new Miss International Japan 2022. Saga Prefecture native, Kiko...

November 30th will be the day of reckoning. After three months of screening, training and seminars, Chiho Terauchi...

2022 Miss International Japan Second Hot Picks (Graphics by Yuffie) Here is an updated list of who's hot...

2022 Miss International Japan First Hot Picks (Graphics by Yuffie) Missosology fans from around...

Miss International 2017 4th Runner-up Natsuki Tsutsui special article, written in Japanese by Mariko Ankai. Briefly in English.  Natsuki Tsutsui was a former Miss Universe...

Miss International Japan 2018 Hinano Sugimoto 杉本 雛乃 1st runner-up Eri Fujita 藤田 絵梨 2nd runner-up Kana Takahashi 高橋 かな 3rd runner-up Kosumo Saitou 齋藤 コスモ 4th runner-up 森井 ステファニー彩 Aya Stephanie Morii ★Special Awards★ -Perfect Body- Hinano Sugimoto 杉本 雛乃 -Beauty Skin- Kana...

A very jubilant MIJ 2017 winner Natsuki Tsutsui (center) beams with a smile as she is surrounded by Miss International chairperson Akemi Shimomura, and...

2017ミス・インターナショナル日本大会 ファイナル・ホットピック 来週10月25日(火)東京ドームシティホールで、2016年ミス・インターナショナル日本大会が開催される。ここで注目の10名とその他の12名を紹介したい。 1位 筒井菜月さん(23歳)は東京都出身の23歳である。以前ミス埼玉だった時には、埼玉県内のイベントに何度も足を運び、県知事とも面会。 日本の文化・伝統・歴史を精力的に学び、体験し理解を深めている。フィリピンではスラム街支援センターを設立。  筒井さんは、今までの ミス・インターナショナル日本代表の誰もが持っていなかったカリスマ性を持ち、多くのファンが彼女を支持。  筒井さんは大卒の学位を持たず、また決して裕福とは言えない。しかし、そのことで差別されるようなことがあってはなりません。 事務局側には若い女性にチャンスを与える機会であると前向きに考えていただきたい。 日本国内トップレベルのウォーキング、考え抜かれたスピーチと無駄のないボディメイキング。 日本大会当日は、多くの知人・友人がオーラに満ちた筒井さんの応援に駆けつける。 2位- 文室理惠さん(21歳)は東京都出身の大学生である。10年間中国に住んでいた経験を持ち、現在は北京の大学でジャーナリズムを学び、日本語の先生をしている。日中英3ヶ国語を活用し、国と国との架け橋となりたい文室さん、苦手なウォーキングを日本大会までに克服し、頂点に輝くことができるか? 3位- 村上麻衣さん(25歳)は神奈川県出身の法律事務所・秘書である。また、農園で野菜も育てている。「美への道は一日にしてならず。情熱と真心を持ってステージへ立ちます」日本大会に向けお世話になったウォーキングの先生や、パーソナルトレーニングの先生に村上さんは最高の報告をしたい。 4位- 川崎美海さん(21歳)は女優である。最近、再び読んだ小説、浅き夢見し。「いつも勇気、センス、根性を、与えてくれるシンデレラ物語です」「この1週間強い心の持ち様が大切」川崎さんは接骨院やボクシングジムに通って日本大会の準備を行う。日本大会当日、美しい海に太陽(上位入賞)は昇るだろうか? 5位- 影山鈴華さん(21歳)は埼玉県出身の大学生である。 18年間よさこいを続け、国内のミスコンにはこれまで2度出場、イタリアへの留学経験があります。「身も心も美しく、より独創的に」影山さんの個性がステージ上で輝きを放つ。 6位- 岩本恵美加さん(25歳)は静岡県出身のモデル・MCである。テレビでリポートを担当。「先日、友人から日本大会頑張ってねと、可愛い花と、入浴剤、心がポッとなるようなメッセージカードをもらいました」辛いことも笑顔で乗り越えることのできる岩本さん、彼女のスピーチに注目したい。 7位- 福井千聖さん(25歳)は兵庫県出身のモデルである。 「10月25日の日本大会に向けて、ウォーキング・ポージング・スピーチのレッスンにも力が入っています」福井さんは自分の可能性を信じ、前進し続ける。 8位- 及川春香さん(22歳)は神奈川県出身の大学生・モデルである。小さな頃からアトリエに通い、現在は美術大学に通う。「自己表現に興味を持ちモデル、女優の道を選びました」 芸術で世界に平和を、及川さんの可能性もまた無限大だ。 9位- 児玉凜来さん(20歳)は東京都出身の大学生である。 大学では異文化コミュニケーションを学び、将来の夢は祖母のようなモデルになること。K-1のハイキックを得意とするギャップを持つ児玉さん、凛とした姿で日本大会のステージへ立つ。 10位- 鈴木真美さん(24歳)は静岡県出身のウォーキング講師・モデルである。現在、自分が経験したことを生徒達に指導する。「将来はチャリティー活動をより多くの人に伝えたい」という鈴木さん、教え子たちに上位入賞のニュースを届けたい。 この日2017年ミス・インターナショナル日本代表に輝き、2016年日本代表の山形純菜さんからブルーの冠を引き継ぐのは誰でしょうか? ここでその他の12名を紹介したい。 /伊勢 翔太

日本特集 2015年ミスコンのニュースメーカー     第7位 中川愛理沙さん−品川で咲かせた桜の花  2015年ミス・インターナショナル日本代表の中川さんは開催国の代表として世界の代表をもてなし、SNSやメディアを通して活動を広く伝えました。世界大会での入賞はなりませんでしたが、桜の花びらをデザインした着物姿が高く評価され、ベスト・ナショナルコスチューム賞を受賞しました。 第6位 岡根安里さん−日本人初のトップ10入賞  初の日本代表としてミス・ユナイテッド・コンチネンツ世界大会に出場した岡根安里さん。20歳の若さで挑戦した初の世界大会で大きな注目を集めました。カムイの着物はナショナル・コスチューム部門で3位に入賞し、岡根さんは世界大会で見事トップ10入賞を果たしました。   第5位 3年連続の出来レース:ミス・ワールド日本大会  予想通り、3年連続オスカー所属のファイナリストが日本代表に選ばれ、世界大会に出場しました。日本大会には完璧な英語を話す女性、日本語で上手に受け答えする女性、タレントのある女性、立派なBWAP(目的のある美の計画)を持ち実際に活動する女性が何名も参加しましたが、評価され選ばれることはありませんでした。2年連続準ミスに選ばれた吉岡仁美さんはミス・ワールド・ジャパンの活動に最も多く参加するなど、日本代表にふさわしい活躍を見せています。  ミス・オスカー・ワールド日本大会。純粋な気持ちで大会へ出場する女性たちの気持ちを踏みにじる、日本国内で最も納得のできないミスコンです。 第4位 ミス・グランド日本大会−初の開催   セミ・ファイナルが有楽町駅前広場、そしてファイナルが八芳園で行われました。ミスコンの専門家たちがウォーキングレッスン、ファイナリストへの衣装の提案・確認、オープニングの振り付けを担当、トップ3のイブニングガウンの準備(フィリピンの有名デザイナーによるデザイン、縫製)、世界大会で結果を出した日本人2人を特別講師として招待、音楽の準備・音響を担当、写真撮影、SNSへの頻繁な投稿、動画の作成・上映、確かな情報をファイナリストへ伝える、集計システムの作成、ファイナルの進行を行うなど、 ミス・ワールド日本大会と全く正反対で納得のできる日本大会となりました。 またその大会では、2014年世界大会優勝のDaryanne Leesさんが審査員の一人を務めました。 第3位 ミス・グランド日本代表−田中綾郁フィーバー  世界大会が行われたタイの地元ファンの心を鷲掴みにした田中綾郁さん。看護師としての経験や目標、ウォーキング、手作りのナショナル・コスチューム、ベスト・イブニングガウン賞を受賞したガウン、おもてなし、表現力、発信力、チャーミングな笑顔が大きく評価され、田中さんは世界大会で見事トップ10入賞を果たしました。 第2位  ミス・インターナショナル・クイーン・オブ・コーヒー世界大会優勝−内田有理さんの活躍  2015年、年明け後すぐの世界大会で感動の優勝を果たした内田さん。その後も国内を駆け回り、コーヒー関係の仕事やイベントへの参加・取材、自習、本の出版と活躍を広げています。現在コンロンビアで行われている世界大会でも前年度優勝者として大会を支え、地元の人々と近くそして深く関わり、大会を盛り上げています。 第1位  ミス・ユニバース世界大会−宮本エリアナさんトップ10入賞   宮本エリアナさんはアメリカ人の父と日本人の母を持つダブル。彼女は初のダブルの日本代表として、ネットなどでも注目を集めました。Missosologyは、宮本さんが長崎県代表に選ばれた直後から彼女に注目し、すぐに取材するなどし、日本語と英語で記事を書き投稿し続けました。その結果、宮本さんの存在と活躍が世界中へ広まりました。宮本さんはその後多くの取材を受け、メディアにも取り上げられました。注目の出場者として世界大会に出場し、トップ10入賞を果たしました。

2016 ミス・インターナショナル日本大会ファイナルが11月3日(火)、ラフォーレミュージアムで行われ、岩手県出身の学生で読者モデルの山形純菜(やまがた・じゅんな)さん(21歳)が日本代表に輝いた。その日本大会をオープニングから振り返りたい。 今年のオープニングも着物で音楽に合わせて入場するものであった。ここ数年で一番記憶に残っているオープニングは2年前。日本の伝統的歌曲「さくらさくら」をリミックスした曲に合わせてファイナリストが踊ったオープニングには胸の高鳴りがあったが、今年は極めてシンプルで、少し不自然なポーズが印象に残る。 他にも課題として、水着審査では、ボディメイキングとヒールを履いての徹底したウォーキング練習が必要。イブニングガウン審査ではガウンよりもファイナリスト本人が主役となるよう、水着審査とは違ったエレガントなウォーキングと表現力を披露してもらいまい。 今年からスピーチ審査から質疑応答へと変わった最終審査。暗記したスピーチをそのまま伝えるのではなく、シンプルに心の奥底から伝える必要がある。何度も審査員に聞き直すのもタブーだ。優勝候補から一気に転落してしまう。私は2015ミス・インターナショナル世界大会のファイナルスピーチを聞いて、感動の余り何度も涙した。日本大会でも世界基準の質疑応答を聞きたい。 また、大会で使われた音楽の中に、他のミスコンの世界大会で使われた音楽が使用されていたので、差別化を図るためにも音楽の選択にも注意したい。 最後に、今大会海外のメディアやミスコンファンから圧倒的な人気を集めていた赤瀬未貴さん(1)と佐藤愛美さん(12)がトップ10入賞を果たさなかったのが残念である。 トップ10入賞者全員のQ&A 大野由佳さんー将来携わりたい仕事とその理由 「将来携わりたい仕事は女優です。この仕事を始めたきっかけは、街で声をかけてもらったことです。この仕事を通して、たくさんの人と出会い、演技、レッスンを通して新しい自分と出会いました。それらがとても面白いと感じます」   川口紗希さんー女性が働く意義は? 「女性にしかできない出産。男性の中に女性が入ると上手くいく仕事があります。また、オフィスだけでなく、主婦として働くこともできます。一人の日本人女性として、自分を見失わずに世界で活躍したい」   川嵜麻貴保さんー社会貢献とは? 「心、相手を思いやることです。一般的にはボランティア、NGOなどのことを指すと思いますが、私はレストランのウェトレス、OLなどの人も何らかの形で社会貢献をしていると思います。ここで共通しているのは初めに述べた心です」   黄金井美衣さんー相互理解とは? 「一番大事なことは相手に興味を持つことです。アメリカの友人の家にホームステイをした時に、間違った日本人の理解に出会いました。言葉も通じない国では、笑顔・コミュニケーションが必要です。相手への興味と笑顔で相互理解を深めます」   下村彩里さんー日本代表の責任とは? 「私は和の精神を世界に広げたいと思っています。カナダに1年間留学していた時に友人が東日本大震災の時の日本人の様子をテレビで見て感激していました。コンビニの列に並ぶ、食べ物を分け合う、争いが起きてもおかしくない状況です。私はこの時日本人としての誇りを感じ、この和の精神を伝えることが日本代表の責任であると考えます」   玉木里奈さんー将来関わりたい仕事とその理由 「美と健康に関わっていきたいと思っています。これまでモデルを続けてきて、過度なダイエットを何度も経験しました。今は、美と健康に関わった女優を目指し、骨盤サポートの資格も取りました」     平田理奈さんー実家の旅館以外で働く意義は? 「私自身が楽しんでできる、温泉旅館を女将として継ぎたいです。働く意義は、お客様の笑顔、日本文化を伝えること、おもてなし、日本料理、温かい温泉。この日本文化を世界に伝えることにわくわくしています。これが私の働く意義です」   藤元さやかさんーこれからやっていきたい仕事と社会貢献「UNESCOの芸術総合団体に所属し、クラシックバレエを活かし、芸術の力で国際平和に貢献したいです。パラオ親善大使を経験し、あちらの国で日本の戦車などを 見ました。先人の人々が命をかけて守ってくれた日本、これらの歴史を胸に世界平和のきっかけを作っていきたい」     増田ションフェルド茉莉さんー相互理解とは? 「相互理解は対人から始まります。相手のバックグラウンドを知り、気持ちを考えます。国が違えば、さらに宗教などの違いなども理解することが必要になってくると考えます」   山形純菜さんー女性が働く意義 「生活を充実させるために、チャレンジし自分を高める。私自身が頑張り、見ている人を感動させたいです。女性のパワーで日本、そして世界を変えることができます。男性にはない考え方、笑顔、女性が頑張ることで世界がさらに良くなると信じています」   世界大会の平均身長は170cmを超えているが、山形さんの身長は164cmと決して高くはない。身長をカバーする存在感を身につける必要がある。3年連続で世界大会入賞を逃している日本代表、果たして2016年はジャパンがファイナルでアナウンスされるのか?見守りたい。 /伊勢翔太

2016ミス・インターナショナル日本代表は山形純菜さんに決定しました。おめでとうございます! Jyunna Yamagata was crowned Miss International Japan 2016 during the finals held November 3. She will head on to represent the Land of the...
//owhaptih.net/4/2224625