Monthly Archives: November 2015

Three more nights to go, and we will be witnessing the crowning of the new Miss International. The 2015 queen will be wearing the...

Nuka Karalashvili has been crowned as Miss Sakartvelo 2015 after a glittering pageant held on November 1. Nuka will represent the country of Georgia...

2016年ミス・インターナショナル日本大会、注目出場者 いよいよ明日、3日(火)に2016年ミス•インターナショナル日本大会がラフォーレミュージアム六本木で開催されます。25名のファイナリストたちの中で注目している出場者を紹介したいと思います。 佐藤愛美さん(22歳)は宮城県出身のモデルです。大好きな色はピンク、モデルとして確立することが夢です。東北の人々にも恩返しをしたいと思っています。 「ピンチになった時はチャンスが来たと思うこと」 「キティちゃんが大好きでミス・インターナショナルの仲間からは名前ではなくキティちゃんと呼ばれています」  世界でも大人気のキティちゃん(佐藤さん)が3日、日本大会でクラウンを着けるはずだ。   赤瀬未貴さん(19歳)は岐阜県出身の学生、そしてモデルです。自分を表現するのが好きで、将来は役者として世界で活躍したいと思っています。高校生の時には弓道部に所属していました。今後は、世界に武道の良さと日本の良さを伝達していきたいと思っています。 「先日、公園でウォーキングの練習をしていたら近所のお爺ちゃんがあったかいココアをくれて、嬉しくて泣きそうになりました」  赤瀬さんは日本大会終了後、その近所のお爺ちゃんに代表決定のニュースを直接伝えるのかもしれない。   川口紗希さん(21歳)は大阪府出身の短大生、そしてバレエ講師です。好きな言葉は忍の一字は衆妙の門。夢は、素晴らしい芸術文化を多くの日本人に伝えること。 「初めて生のランウェイを観ました。感動の一言。本当に凄かった。ありがとうございました」  次は川口さんが人々に感動を与える番です。   清田彩さん(25歳)は緑豊かな熊本県出身の大学生です。清田さんは環境・バイオサイエンス学科の4回生で、最近は卒業論文を書いています。老化を遅らせる方法を遺伝子に焦点を当て研究しています。趣味は魚のようにゆったり泳ぐこと。清田さんは海外へ留学した経験もあります。将来の目標は医師になること。美の医療に貢献し、日本の医学を世界に発信することが彼女の大きな夢です。 「明るく、元気で、素直にという・明元素の言葉を大切に大会へ臨みたいと思います!」   高島詩緒莉さん(25歳)は愛知県出身のモデルです。将来は世界で活躍できるモデルになることが目標です。14年間水泳を続けてきました。今もジムに通い、健康を心がけ、外見だけでなく内面も磨いています。 「真珠の歴史、作り方、種類、コーディネート術について学びました。1万個の貝からわずか1粒程度しか天然真珠は取れません」  3日、日本大会で高島さんは25個(人のファイナリスト)の貝の中から1粒の天然真珠(日本代表)になるはずだ。   増田ションフェルド茉莉さん(22歳)は大学生です。アメリカのカリフォルニアで生まれ、兵庫で育ち、現在は東京の大学で学んでいます。趣味は美術。絵を描いたり、写真を撮ること、暗室での作業が大好きです。これまでモデル、キャスター、演劇などを通して自己表現の幅を広げてきました。将来の夢は、日本の文化を世界へ伝え、世界の文化を日本へ持ち帰ること。 「ジュエリーの講習では真珠の種類、コーディネート術やどの色合いが肌に合うかなど、個人個人にあった真珠の深い知識を学びました。 私の誕生日が6月ということもあり、誕生日石でもある真珠。そのこともあり運命を感じさせられました」  真珠(パール)には苦労をした人を労り、癒しと忍耐力を授けてくれる力があります。増田さんが、気品と品格を持って日本、そして世界で活躍する。   黄金井美衣さん(24歳)は埼玉県出身の美容部員です。体を動かすのが得意で、約20年間クラシックバレエを続けています。将来は、周りの人を笑顔にすることのできるパワフルな女性になりたいと思っています。 「自信を持って言える。私、自信があります、でもそれは日本代表、世界1位になれるという自信とは少し違くて、日本代表に相応しくなるために誰よりも努力できるという自信。やりたい事がたくさんあります。でもまずは今できること。お礼が言いたいんです」  黄金井さんは、この感謝の気持ちを日本大会で精一杯表現するつもりだ。   明日、2015年ミス・インターナショナル日本代表の中川愛理沙さんから冠を手渡されるのは誰になるでしょうか? /伊勢 翔太

The Big4 concept - that there are only four major pageants in the world namely Miss World, Miss Universe, Miss International and Miss Earth...

The way things are going in Tokyo suggests that we will soon have another Latina Miss International. No other geographical region in the world...
Miss International 2015 delegates visit the Tokyo Sky Tree SOLAMACHI as part of the Visit Japan campaign.

Miss International 2015 delegates visit the Tokyo Sky Tree SOLAMACHI as part of the Visit Japan campaign. The delegates enjoyed the top view of...

  「アフリカ出身の友人はいますか?」「アフリカ出身の黒人女性で一番美しいと思う女性は誰ですか?」 そう聞かれてピンと来ない人も多いのではないだろうか? それくらい日本とアフリカ諸国は互いに遠い存在かもしれない。 今年で55年の歴史を迎えるミス・インターナショナル世界大会だが、いまだアフリカ出身の黒人女性の優勝はゼロ、驚くことにトップ5に入った出場者もいない。 今年参加している4ヶ国のアフリカ人女性は、かなりレベルが高いものの、SNSやメディアでの露出が少ない印象を受ける。もう少し取り上げられても良いのではないだろうか? 例えば、ミス・ケニアを例に挙げるとその外見は、雑誌Vogueの表紙を飾るスーパーモデルのようで、さらに彼女は意見を述べることが得意で、自分の国や地域の政治問題についても詳しい一面も持っている。先週、御茶ノ水大学で開催されたミス・インターナショナル・フォーラムでは、2014年ミス・インターナショナルに輝いたValerie Hernandezさんと話をする機会に恵まれ、そこで彼女は母国の女性の苦境について言及した。 一方ミス・ザンビアは、ホテル滞在中に誤ってヘアアイロンを自分の右足に落とし火傷を負ってしまった。数日後に水着での写真撮影を行ったが、彼女は右足をカバーしたものの、少しも躊躇することなく快く撮影に応じるなど内面の強さと美しさを見せた。彼女は決して口数が多い方ではないが、とても知的で日本人のゲストや各国の代表の波長に合わせています。 そして、これはあまり一般的には知られていないことだが、毎年日本国内で注目を浴びないアフリカ出身のミスは心に深いダメージを受けている。そんな精神状態でファイナルを迎えた彼女たちは、果たしてベストのパフォーマンスができているのだろうか? 去年、一昨年のガボン代表はとても美しく、世界中から注目されていたが、入賞することができなかった。大会後、二人とも大号泣したがそれは決して悔しかったから出た涙ではなく、彼女達が恐れていたことが現実化されたからであった。今年、ミス・ガボン事務局は代表を送りませんでした。 昨年は審査員 、14名中11名が日本人。今年はすでに審査員が発表されているが、インターナショナルという名前である以上、日本人がほとんどである審査員も国際色豊かにして欲しいものだ。  今年はアフリカ出身の黒人から初のトップ5入賞のアナウンスを聞くことができるだろうか? 11月5日(木)の世界大会に注目したい。

Miss World Africa 2012 and Top Model winner, Atong Demach of South Sudan, is now in Tokyo to fulfill her duties as the PR...
//chouthep.net/4/2224625