Tags Posts tagged with "Miss Supranational Japan"

Tag: Miss Supranational Japan

Yuika Tsutsumi is Miss United Continents Japan 2017   For the third straight year, Japan will be represented in one of the fastest growing beauty pageants...

Kamakura - Pageant first-timer Takanori Uekusa, who represented Tokyo, became the ultimate winner of Mister Supranational Japan 2017, besting five other finalists from all over...

Srinidhi Shetty: An Indefatigable Supra Queen It has been two weeks since the beautiful Srinidhi Shetty had left Japan.  She came on her first ever...

2017 dermozone ミス・スプラナショナル 日本大会を振り返って 今年、2年目を迎えたミス・スプラナショナル・ジャパン。5月6日(土)に埼玉会館の大ホールで開催された日本大会で、東東京代表の越川友貴さんが見事日本代表の栄冠に輝いた。 多くの見所を持った日本大会ではまず、Japan Pom Pomさんと共演を果たしたオープニング動画が、ライブストリームで世界10万人以上の視聴者の目を釘付けにした。 また、2010年の日本代表で、現在ヨーロッパを中心に歌手として活躍する藤永美欧さんが着物を身にまといステージ上で圧巻のパフォーマンスを見せた。 審査員には2008年ミス・ユニバース日本代表、現在はモデルとして世界中で活躍する美馬寛子さんや青山学院大学時代「山の神」の愛称で親しまれ、今も陸上界で活躍し東京オリンピック日本代表を目指す神野大地さんなどを迎えた。 その他にもスペシャルゲストとして、フィリピンから今最も注目を集めるイブニングガウンデザイナーのLeo Amodalさん、インドから2016年ミス・スプラナショナル世界大会でウィナーに輝いたSrinidhi Shettyさんを迎えた。 トップ10 宮城代表・佐藤 仁美さん 茨城代表・星 美紗貴さん 千葉代表・宮前 久美さん 埼玉代表・清水 絵未里さん 東東京代表・越川 友貴さん 西東京代表・堤 唯香さん 静岡代表・一ツ山 里紗さん 愛知代表・水上 恵利那さん 京都代表・平山 奏那子さん 兵庫代表・井嵜 綾さん   特別賞 フォトジェニック賞  滋賀代表・藤井 梓さん フィットネス賞    広島代表・后宮 凛さん エレガンス賞     宮城代表・佐藤 仁美さん トップモデル賞    愛知代表水上 恵利那さん パーソナリティー賞  熊本代表・中嶋 飛鳥さん フレンドシップ賞   千葉代表・宮前 久美さん ソーシャルメディア賞 兵庫代表・井嵜 綾さん ピープルズチョイス賞 千葉代表・宮前...

Beautiful Yuki Koshikawa, a native of Chiba Prefecture who is a free-lance writer and model in Tokyo, was hailed as the new Miss Supranational...

  Urawa - No less than the reigning Miss Supranational 2016, Srinidhi Shetty, was the guest of honor and judge at the preliminary competition of...

Partnering with Missosology has been a great decision for Miss Supranational Japan.  Not only have they been receiving massive global exposure, they have been benefiting...

Miss Supranational Japan 2017 in Daikanyama Japan may have finally found their long needed salvation after Ines Ligron left the country six years ago!  But...

Nine of the 24 delegates of the 2017 dermozone Miss Supranational Japan joined a photo challenge shooting at the world famous Shibuya crossing, considered...

After a series of screening process and three regional competitions, the 24 delegates of the 2017 dermozone Miss Supranational Japan are finally revealed.  Also...

May 6th was a fateful day for the 24-year-old Risa Nagashima, a professional model from Takasaki, a bustling regional city right into the heart...

2016 dermozone Miss Supranational Japanを振り返って 先日5月6日(金)に埼玉の大宮ソニックシティ大ホールで開催された2016 dermozone Miss Supranational Japan。この、初の日本大会は、ミスコンの専門家たちにより運営され、世界基準のショーとなりました。世界最大のミスコンウェブサイトMissosologyの協力により、全世界へ向けてライブ中継も行われました。ここで、日本大会ファイナルを振り返ってみましょう。 2016年日本大会のテーマは「日本の伝統文化」と「90年代」 オープニング① これまでの活動の動画が、最新のテクノロジーと技術を駆使して編集され、スクリーンに映し出されました。   オープニング② 林家けい木さんによる落語のパフォーマンス。国内のミスコン大会で初めて取り入れられたこの手法により、美しい日本の伝統文化に触れることができました。 オープニング③  民族衣装審査 東京えびす連の協力により実現した、阿波踊りでのオープニング。熱心な指導によりファイナリストたちは、徳島県の伝統と文化を体験することができました。各自が用意した日本の民族衣装を身にまとい、阿波踊りで入場。ミス北海道から順番に県名と名前を自分でアナウンス、MCが年齢と職業を読み上げ、ウォーキングとポージングを行いました。各自で用意した民族衣装は本当に華やかで、日本の美・伝統や文化があちこちに散りばめられていました。   水着審査 水着審査では、90年代を代表する日本の名曲Pizzicato Fiveの「スウィート・ソウル・レビュー」が使用されました。この曲が流れ始めてからすぐ、SNSを通して世界中で大きな反響を呼びました。ファイナリスト全員が黒い水着を着用し、その健康美と自分らしいウォーキングを披露。この時、各ファイナリストのトリビアがMCにより読み上げられ、スクリーンには顔写真と県を象徴する名所、建物または景色が映し出されました。ウォーキング後には、客席にファイナリストがビーチボールをトスするサプライズが用意されていました。 ハーモニカの生演奏 Kanaさんによる美しい演奏が、ホール一帯に広がりました。 生花の実践 着物を身にまとったKanaさんによるハーモニカに合わせ、Norikoさんがフラワーアレンジメントを披露。美しい演奏と、日本の伝統文化である生花が見事に重なり、芸術的な世界を創造していました。 ピアノによる生演奏 第18回国際グランドアマチュアピアノコンクールで優勝に輝いた、村上将規さんがステージ上で生演奏を披露。選曲は”summer” “世界に一つだけの花” “One Love”の3曲。 イブニングガウン審査 村上将規さんによるピアノの生演奏に合わせ、ファイナリストが各自で用意したイブニングガウンを身にまとい、ウォーキングを行いました。サッシュは肩からではなく、腕にかけファイナリスト全員が音楽とウォーキングを楽しみました。 特別賞発表① Best Regional Costume : 千葉代表の吉田理恵さん Miss Fitness : 山形代表の長嶋里沙さん Miss Elegance :...