Tags Posts tagged with "Miss Japan"

Tag: Miss Japan

Beautiful Yuki Koshikawa, a native of Chiba Prefecture who is a free-lance writer and model in Tokyo, was hailed as the new Miss Supranational...

  Urawa - No less than the reigning Miss Supranational 2016, Srinidhi Shetty, was the guest of honor and judge at the preliminary competition of...

Urawa, Saitama - 24 delegates from all over Japan have arrived today in Saitama City's Urawa ward as they compete for the coveted Miss...

Ginza, Tokyo - Seven delegates of Miss Supranational Japan 2017 got the chance to be photographed by Missosology last Sunday, April 30th, at the posh...

Miss Supranational Japan 2017 in Daikanyama Japan may have finally found their long needed salvation after Ines Ligron left the country six years ago!  But...

After a series of screening process and three regional competitions, the 24 delegates of the 2017 dermozone Miss Supranational Japan are finally revealed.  Also...

BEAUTY TALKS WITH MISS SUPRANATIONAL JAPAN 2015 Mieko Takeuchi (Translated from the original Japanese interview below) Q: Hello Mieko. How have you been doing lately? Mieko: I've...

  2015ミス・インターナショナル世界大会、 楽しんで目指す世界一 2015ミス・インターナショナル日本代表の中川愛理沙さん(19歳)は現在大学で和裁と洋裁を学んでいます。ファッションに興味があり、特に日本独自の和裁の技術を学ぶことが好きです。福島で生まれ千葉で育った中川さんは、モデルとしても活躍し、大網白里市の観光大使も務めています。大学の課題・羽織(着物)を世界大会終了後に完成させます。 中学2年生の時に国民的美少女コンテストを受け、グランプリ獲得を期待しましたが、結果を出すことができませんでした。その時の悔しさを胸に2015ミス・インターナショナル日本大会に参加、見事日本代表に輝きました。 この世界大会では特に、服飾を専門とする彼女のナショナルコスチュームやイブニングガウン、そして2歳から習っているクラシックバレエと趣味のヒップホップダンスから得た高い表現力に注目したい。 先日、中川さんはラジオ出演も経験し、SNSも頻繁に更新しています。 「地元の日本語学校でアルバイトをした経験があり、モンゴル・フィリピン・韓国の友人がいます。その経験がすごく今活きています」  この日、撮影や一般の人との写真撮影にも丁寧に対応していた中川さんに強い好感を持ちました。 「将来の夢は、世界中どこの国に行っても友人がいること」 「人生一度きり、この大会も人生のいい思い出にしたい、そしてとにかく楽しみたい」と自然体の笑顔で強く語った中川さんの今後の成長(活躍)は我々の想像をはるかに超えているのかもしれない。

  Two Japanese beauty queens are vying for two different international titles this month, with Miyu Tanaka (21) competing at the 2015 Face of Beauty...

Ayano Yamada was crowned Miss Earth Japan 2015 during the finals held last July 11th, earning the right to represent the Land of the Rising...

    写真 | Martha Monroy 第44回インターナショナル・クイーン・オブ・コーヒー(International Queen of Coffee)2015はコロンビアのマニザレス市で開かれ、クイーンに日本代表の内田有理さん(25)が選ばれた。内田さんは別の日に行われた水着審査でもベスト・フェイス賞を受賞。 ファイナル審査中に起きた思いがけない2つのハプニング:イブニング・ドレスでステージに登場直後には転倒しそうになり、英語でのQ&Aの質問の内容を理解し返答するのに苦戦しました。それでも真摯に最後まで挑戦し続ける内田さんの姿は、会場のファンの心をつかみ勇気・感動を与えました。 日本人の出場は内田さんが史上2人目で、1992年には桑野ゆみさんが2位に選ばれていました。 内田さんは香川県出身で現在ホテルに勤務し、パートタイム・モデルとして活躍しています。 今年(2015年)の大会には世界各国から23名の代表者が参加。優勝した内田さんには、前年の優勝者Priscilla Medeiros Durand(ブラジル代表)さんからティアラが授与された。 大会後、現地の記者からの「あなたは冠(クラウン)を手にしました。今後どういった活動をしていきますか?」という質問に対し、内田さんは、「マニザレス市はとても美しい町です、再び戻ってきたいです。また、日本国内でコロンビアのコーヒーを宣伝したいと思っています。なぜなら、コロンビア・コーヒーはとても香りが良いからです。」と答えた。     結果 1位 日本 内田有理 2位 ポルトガル Márcia Assunção 3位 ベネズエラ Yulibeth Angarita 4位 ブラジル Vitória Bisognin 5位 ハイチ Yvanne Jean-Baptiste

  Beauty pageants, nowadays, are said to be losing their grip in Japan. Although culturally and historically speaking, the Japanese have this unique way of...