Tags Posts tagged with "Ayaka Tanaka"

Tag: Ayaka Tanaka

日本特集 2015年ミスコンのニュースメーカー     第7位 中川愛理沙さん−品川で咲かせた桜の花  2015年ミス・インターナショナル日本代表の中川さんは開催国の代表として世界の代表をもてなし、SNSやメディアを通して活動を広く伝えました。世界大会での入賞はなりませんでしたが、桜の花びらをデザインした着物姿が高く評価され、ベスト・ナショナルコスチューム賞を受賞しました。 第6位 岡根安里さん−日本人初のトップ10入賞  初の日本代表としてミス・ユナイテッド・コンチネンツ世界大会に出場した岡根安里さん。20歳の若さで挑戦した初の世界大会で大きな注目を集めました。カムイの着物はナショナル・コスチューム部門で3位に入賞し、岡根さんは世界大会で見事トップ10入賞を果たしました。   第5位 3年連続の出来レース:ミス・ワールド日本大会  予想通り、3年連続オスカー所属のファイナリストが日本代表に選ばれ、世界大会に出場しました。日本大会には完璧な英語を話す女性、日本語で上手に受け答えする女性、タレントのある女性、立派なBWAP(目的のある美の計画)を持ち実際に活動する女性が何名も参加しましたが、評価され選ばれることはありませんでした。2年連続準ミスに選ばれた吉岡仁美さんはミス・ワールド・ジャパンの活動に最も多く参加するなど、日本代表にふさわしい活躍を見せています。  ミス・オスカー・ワールド日本大会。純粋な気持ちで大会へ出場する女性たちの気持ちを踏みにじる、日本国内で最も納得のできないミスコンです。 第4位 ミス・グランド日本大会−初の開催   セミ・ファイナルが有楽町駅前広場、そしてファイナルが八芳園で行われました。ミスコンの専門家たちがウォーキングレッスン、ファイナリストへの衣装の提案・確認、オープニングの振り付けを担当、トップ3のイブニングガウンの準備(フィリピンの有名デザイナーによるデザイン、縫製)、世界大会で結果を出した日本人2人を特別講師として招待、音楽の準備・音響を担当、写真撮影、SNSへの頻繁な投稿、動画の作成・上映、確かな情報をファイナリストへ伝える、集計システムの作成、ファイナルの進行を行うなど、 ミス・ワールド日本大会と全く正反対で納得のできる日本大会となりました。 またその大会では、2014年世界大会優勝のDaryanne Leesさんが審査員の一人を務めました。 第3位 ミス・グランド日本代表−田中綾郁フィーバー  世界大会が行われたタイの地元ファンの心を鷲掴みにした田中綾郁さん。看護師としての経験や目標、ウォーキング、手作りのナショナル・コスチューム、ベスト・イブニングガウン賞を受賞したガウン、おもてなし、表現力、発信力、チャーミングな笑顔が大きく評価され、田中さんは世界大会で見事トップ10入賞を果たしました。 第2位  ミス・インターナショナル・クイーン・オブ・コーヒー世界大会優勝−内田有理さんの活躍  2015年、年明け後すぐの世界大会で感動の優勝を果たした内田さん。その後も国内を駆け回り、コーヒー関係の仕事やイベントへの参加・取材、自習、本の出版と活躍を広げています。現在コンロンビアで行われている世界大会でも前年度優勝者として大会を支え、地元の人々と近くそして深く関わり、大会を盛り上げています。 第1位  ミス・ユニバース世界大会−宮本エリアナさんトップ10入賞   宮本エリアナさんはアメリカ人の父と日本人の母を持つダブル。彼女は初のダブルの日本代表として、ネットなどでも注目を集めました。Missosologyは、宮本さんが長崎県代表に選ばれた直後から彼女に注目し、すぐに取材するなどし、日本語と英語で記事を書き投稿し続けました。その結果、宮本さんの存在と活躍が世界中へ広まりました。宮本さんはその後多くの取材を受け、メディアにも取り上げられました。注目の出場者として世界大会に出場し、トップ10入賞を果たしました。

先週25日(日)に行われた2015ミス・グランド・インターナショナル世界大会のファイナルで、埼玉県出身の日本代表・田中綾郁さん(25)の活躍にタイ国内そして日本国内が湧き、多くの感動を呼びました。  その活躍の裏には、叶美(カナミ)ワークショップ(ミスコン専門トレーニング)の存在があります。世界大会前に行われた合宿では、座学(自己分析、大会の傾向、To do listの明確化)、ビキニウォーキング、ナショナルコスチュームの表現練習、イブニングガウンウォーキング、ミスコン界の常識・マナー講座、スピーチ練習、Q&A練習などが行われました。この叶美ワークショップの合宿(トレーニング)で田中さんは、世界大会で結果が出せる準備がほぼ整いました。 80人の各国代表の中からトップ10に入賞した田中さん。手作りのナショナルコスチューム(よさこいの衣装)でトップ20に入賞。田中さんの登場を見た瞬間にトップ20入賞を確信しました。彼女にしかできない表現、そして、その時まで見せていなかった衣装の早変わりは本当に見事でした。 体調面でトラブルが起きた他の国の代表を看護師としてサポートすることもできました。事前の水着審査のウォーキングも素晴らしかったですが、残念ながら今年はトップ20の発表がありませんでした。インターネット投票でもトップ20に5週連続で入賞、SNSにも彼女自身が現地の様子を頻繁に投稿しました。 また田中さんは得意のダンスを活かし、ダンスオーディションで結果を出し、オープニングのダンスでほぼセンターの 位置を勝ち取りました。 ファイナルではトップ20の発表で最後に「Miss Japan」がアナウンスされとてもドラマチックでした。 トップ10スピーチでは、10人の中で最もシンプルで力強いスピーチを披露。フィリピンのドレスデザイナー、Leo Almodalがデザインしたダークグリーンのイブニングガウンでベスト・イン・イブニングガウン賞を受賞することもできました。 当日の会場では、現地のファンからのJapanコールと拍手が彼女を後押ししました。 田中さんはフルタイムで看護師として病院へ勤務していますが、ミスコンで世界一が見えるその場所まで辿り着き、強さと美しさの象徴となりました。 「優しい言葉は、短くて簡単なものであっても、ずっとずっと心にこだまする」 - マザー・テレサ これまで述べた田中さんの活躍や姿はこれからもずっと世界の人々の心にこだまするに違いありません。 /伊勢翔太

  Two Japanese beauty queens are vying for two different international titles this month, with Miyu Tanaka (21) competing at the 2015 Face of Beauty...
//betzapdoson.com/4/2224625