Tags Posts tagged with "Arisa Nakagawa"

Tag: Arisa Nakagawa

日本特集 2015年ミスコンのニュースメーカー     第7位 中川愛理沙さん−品川で咲かせた桜の花  2015年ミス・インターナショナル日本代表の中川さんは開催国の代表として世界の代表をもてなし、SNSやメディアを通して活動を広く伝えました。世界大会での入賞はなりませんでしたが、桜の花びらをデザインした着物姿が高く評価され、ベスト・ナショナルコスチューム賞を受賞しました。 第6位 岡根安里さん−日本人初のトップ10入賞  初の日本代表としてミス・ユナイテッド・コンチネンツ世界大会に出場した岡根安里さん。20歳の若さで挑戦した初の世界大会で大きな注目を集めました。カムイの着物はナショナル・コスチューム部門で3位に入賞し、岡根さんは世界大会で見事トップ10入賞を果たしました。   第5位 3年連続の出来レース:ミス・ワールド日本大会  予想通り、3年連続オスカー所属のファイナリストが日本代表に選ばれ、世界大会に出場しました。日本大会には完璧な英語を話す女性、日本語で上手に受け答えする女性、タレントのある女性、立派なBWAP(目的のある美の計画)を持ち実際に活動する女性が何名も参加しましたが、評価され選ばれることはありませんでした。2年連続準ミスに選ばれた吉岡仁美さんはミス・ワールド・ジャパンの活動に最も多く参加するなど、日本代表にふさわしい活躍を見せています。  ミス・オスカー・ワールド日本大会。純粋な気持ちで大会へ出場する女性たちの気持ちを踏みにじる、日本国内で最も納得のできないミスコンです。 第4位 ミス・グランド日本大会−初の開催   セミ・ファイナルが有楽町駅前広場、そしてファイナルが八芳園で行われました。ミスコンの専門家たちがウォーキングレッスン、ファイナリストへの衣装の提案・確認、オープニングの振り付けを担当、トップ3のイブニングガウンの準備(フィリピンの有名デザイナーによるデザイン、縫製)、世界大会で結果を出した日本人2人を特別講師として招待、音楽の準備・音響を担当、写真撮影、SNSへの頻繁な投稿、動画の作成・上映、確かな情報をファイナリストへ伝える、集計システムの作成、ファイナルの進行を行うなど、 ミス・ワールド日本大会と全く正反対で納得のできる日本大会となりました。 またその大会では、2014年世界大会優勝のDaryanne Leesさんが審査員の一人を務めました。 第3位 ミス・グランド日本代表−田中綾郁フィーバー  世界大会が行われたタイの地元ファンの心を鷲掴みにした田中綾郁さん。看護師としての経験や目標、ウォーキング、手作りのナショナル・コスチューム、ベスト・イブニングガウン賞を受賞したガウン、おもてなし、表現力、発信力、チャーミングな笑顔が大きく評価され、田中さんは世界大会で見事トップ10入賞を果たしました。 第2位  ミス・インターナショナル・クイーン・オブ・コーヒー世界大会優勝−内田有理さんの活躍  2015年、年明け後すぐの世界大会で感動の優勝を果たした内田さん。その後も国内を駆け回り、コーヒー関係の仕事やイベントへの参加・取材、自習、本の出版と活躍を広げています。現在コンロンビアで行われている世界大会でも前年度優勝者として大会を支え、地元の人々と近くそして深く関わり、大会を盛り上げています。 第1位  ミス・ユニバース世界大会−宮本エリアナさんトップ10入賞   宮本エリアナさんはアメリカ人の父と日本人の母を持つダブル。彼女は初のダブルの日本代表として、ネットなどでも注目を集めました。Missosologyは、宮本さんが長崎県代表に選ばれた直後から彼女に注目し、すぐに取材するなどし、日本語と英語で記事を書き投稿し続けました。その結果、宮本さんの存在と活躍が世界中へ広まりました。宮本さんはその後多くの取材を受け、メディアにも取り上げられました。注目の出場者として世界大会に出場し、トップ10入賞を果たしました。

2016年ミス・インターナショナル日本大会、注目出場者 いよいよ明日、3日(火)に2016年ミス•インターナショナル日本大会がラフォーレミュージアム六本木で開催されます。25名のファイナリストたちの中で注目している出場者を紹介したいと思います。 佐藤愛美さん(22歳)は宮城県出身のモデルです。大好きな色はピンク、モデルとして確立することが夢です。東北の人々にも恩返しをしたいと思っています。 「ピンチになった時はチャンスが来たと思うこと」 「キティちゃんが大好きでミス・インターナショナルの仲間からは名前ではなくキティちゃんと呼ばれています」  世界でも大人気のキティちゃん(佐藤さん)が3日、日本大会でクラウンを着けるはずだ。   赤瀬未貴さん(19歳)は岐阜県出身の学生、そしてモデルです。自分を表現するのが好きで、将来は役者として世界で活躍したいと思っています。高校生の時には弓道部に所属していました。今後は、世界に武道の良さと日本の良さを伝達していきたいと思っています。 「先日、公園でウォーキングの練習をしていたら近所のお爺ちゃんがあったかいココアをくれて、嬉しくて泣きそうになりました」  赤瀬さんは日本大会終了後、その近所のお爺ちゃんに代表決定のニュースを直接伝えるのかもしれない。   川口紗希さん(21歳)は大阪府出身の短大生、そしてバレエ講師です。好きな言葉は忍の一字は衆妙の門。夢は、素晴らしい芸術文化を多くの日本人に伝えること。 「初めて生のランウェイを観ました。感動の一言。本当に凄かった。ありがとうございました」  次は川口さんが人々に感動を与える番です。   清田彩さん(25歳)は緑豊かな熊本県出身の大学生です。清田さんは環境・バイオサイエンス学科の4回生で、最近は卒業論文を書いています。老化を遅らせる方法を遺伝子に焦点を当て研究しています。趣味は魚のようにゆったり泳ぐこと。清田さんは海外へ留学した経験もあります。将来の目標は医師になること。美の医療に貢献し、日本の医学を世界に発信することが彼女の大きな夢です。 「明るく、元気で、素直にという・明元素の言葉を大切に大会へ臨みたいと思います!」   高島詩緒莉さん(25歳)は愛知県出身のモデルです。将来は世界で活躍できるモデルになることが目標です。14年間水泳を続けてきました。今もジムに通い、健康を心がけ、外見だけでなく内面も磨いています。 「真珠の歴史、作り方、種類、コーディネート術について学びました。1万個の貝からわずか1粒程度しか天然真珠は取れません」  3日、日本大会で高島さんは25個(人のファイナリスト)の貝の中から1粒の天然真珠(日本代表)になるはずだ。   増田ションフェルド茉莉さん(22歳)は大学生です。アメリカのカリフォルニアで生まれ、兵庫で育ち、現在は東京の大学で学んでいます。趣味は美術。絵を描いたり、写真を撮ること、暗室での作業が大好きです。これまでモデル、キャスター、演劇などを通して自己表現の幅を広げてきました。将来の夢は、日本の文化を世界へ伝え、世界の文化を日本へ持ち帰ること。 「ジュエリーの講習では真珠の種類、コーディネート術やどの色合いが肌に合うかなど、個人個人にあった真珠の深い知識を学びました。 私の誕生日が6月ということもあり、誕生日石でもある真珠。そのこともあり運命を感じさせられました」  真珠(パール)には苦労をした人を労り、癒しと忍耐力を授けてくれる力があります。増田さんが、気品と品格を持って日本、そして世界で活躍する。   黄金井美衣さん(24歳)は埼玉県出身の美容部員です。体を動かすのが得意で、約20年間クラシックバレエを続けています。将来は、周りの人を笑顔にすることのできるパワフルな女性になりたいと思っています。 「自信を持って言える。私、自信があります、でもそれは日本代表、世界1位になれるという自信とは少し違くて、日本代表に相応しくなるために誰よりも努力できるという自信。やりたい事がたくさんあります。でもまずは今できること。お礼が言いたいんです」  黄金井さんは、この感謝の気持ちを日本大会で精一杯表現するつもりだ。   明日、2015年ミス・インターナショナル日本代表の中川愛理沙さんから冠を手渡されるのは誰になるでしょうか? /伊勢 翔太

One more week to go and a new Miss International will be crowned. Who is it going to be? A lot of dramas have been...

Jennifer Valle of Honduras is our new leader in the Hot Picks! It is no surprise considering that her participation was delayed for a...

  2015ミス・インターナショナル世界大会、 楽しんで目指す世界一 2015ミス・インターナショナル日本代表の中川愛理沙さん(19歳)は現在大学で和裁と洋裁を学んでいます。ファッションに興味があり、特に日本独自の和裁の技術を学ぶことが好きです。福島で生まれ千葉で育った中川さんは、モデルとしても活躍し、大網白里市の観光大使も務めています。大学の課題・羽織(着物)を世界大会終了後に完成させます。 中学2年生の時に国民的美少女コンテストを受け、グランプリ獲得を期待しましたが、結果を出すことができませんでした。その時の悔しさを胸に2015ミス・インターナショナル日本大会に参加、見事日本代表に輝きました。 この世界大会では特に、服飾を専門とする彼女のナショナルコスチュームやイブニングガウン、そして2歳から習っているクラシックバレエと趣味のヒップホップダンスから得た高い表現力に注目したい。 先日、中川さんはラジオ出演も経験し、SNSも頻繁に更新しています。 「地元の日本語学校でアルバイトをした経験があり、モンゴル・フィリピン・韓国の友人がいます。その経験がすごく今活きています」  この日、撮影や一般の人との写真撮影にも丁寧に対応していた中川さんに強い好感を持ちました。 「将来の夢は、世界中どこの国に行っても友人がいること」 「人生一度きり、この大会も人生のいい思い出にしたい、そしてとにかく楽しみたい」と自然体の笑顔で強く語った中川さんの今後の成長(活躍)は我々の想像をはるかに超えているのかもしれない。

2015年ミス•インターナショナル日本大会を振り返って   Miss International Japan 2015 was held on November 4th at the La Foret Museum in Roponggi.  18-year-old Arisa Nakagawa of Tokyo, bested 30 other finalists...
//thaudray.com/4/2224625