Tags Posts tagged with "Ariana Miyamoto"

Tag: Ariana Miyamoto

  今年のミス・ユニバース世界大会も 大盛況で幕を閉じ、クラウンは1953年以来フランス代表に渡った。  今年で第65回を迎えたミス・ユニバース世界大会は、超満員となったSM Moaアリーナで開催され、歯学を専攻するフランス代表のIris Mittenaereさんが夢にまで見たクラウンを手にし、日本代表の中沢沙理さんはトップ13入りを逃した。  オーナーが現在のWME/IMGに変わってから2年目を迎えたミス・ユニバース。世界大会の結果から私たちは何を学ぶことができたか? それは大きく分けて3つある。 1、ウォーキングと外面の美への評価が下がる ベネズエラ代表がトップ13入りを逃したことから分かるように、完成されたボディ、欠点の全く見つからないステージ上での立ち居振る舞い、最高のキャットウォーク、作り込んだメイクは今日のミス・ユニバースではそれほど重要視されてはいない。  ミス・ユニバース・ジャパンは今でも、出場者がウォーキングレッスンとメイクを習う“ビューティーキャンプ”に力を入れ強調しているが、完全に廃止はしなくともその期間は短縮される必要がある 。 より多くの時間は一時的ではなく、長続きし世界的にインパクトを与える自分自身のストーリーを伝える時間に費やされるべきである。 例を一つ挙げたい。ミス・カナダのSierra Bearchellさんは以前ミス・スプラナショナル・カナダ代表として活躍。今大会、彼女は決して日本人好みのスリムな体型ではなかったが、トップ9に入賞。ミス・ユニバース・カナダ大会期間中、Sierraさんは試験のために猛勉強。ほとんどの活動やビューティーキャンプを欠席。ミス・ユニバースについて何の知識もない人々やスポンサーによるビューティーキャンプやセミナーは、ミスコンのために準備をする女性たちにとって単なる時間の無駄であると言えるだろう。 「ミス・ユニバースについて何の知識もない人々やスポンサーによるビューティーキャンプやセミナーは、ミスコンのために準備をする女性たちにとって単なる時間の無駄であると言えるだろう。」 2、話題性 今年のミス・ユニバースでは、興味深いストーリーを持つ女性たちがトップ13入りを果たした。  いくつか例を挙げると、ミス・ペルーは大会前に事故に遭遇し左半身が麻痺。数週間後、回復しミス・ユニバースのトレーニングに参加することができた。  ミス・ケニアは両親のいない孤児として生まれた。周りの人に支えられ成長し、ケニアでモデルとして成功を収めている。  ミスUSAはアメリカ陸軍の現役の軍人として活躍し、家系も軍人出身である。  ミス・タイは清掃員として働く母を助けながら成長し、幼少時代は特に金銭的に苦しい生活を強いられた。  昨年、宮本エリアナさんがミス・ユニバース・ジャパンに選出された時も同じように世界で話題となり、トップ10入賞を果たしたラスベガスでもずっと注目を集めた。  このように、ミス・ユニバースは整った顔立ちやゴージャスな衣装以上のものを求め、義務や下心によるチャリティー活動ではなく、真実に基づく人生経験を求め、それらを高く評価する傾向が見られる。 3、自国サポートの重要性 今ではSNSの需要と影響力が高まり、ファンのお気に入りの女性が代表に選ばれなかった時に、運営側がひどく非難されることは仕方がない。 世界最強のベネズエラでMariam Habachさんがミス・ユニバース・ベネズエラ代表に選ばれた時には、相当な数の非難が集まった。  選ばれなかった他のファイナリストたちは、ウィナーのアナウンス後すぐにステージを後にし、そのうちの何名かは大会を出来レースだと非難した。そのようなネガティブな反応がMariamさんの準備にも影響し、自国からの応援といった精神的なサポートを十分に得られなかった。  一方、日本では沙理さんに対し2ちゃんねるや他のサイトに、連日ファンやオタクからネガティブなコメントが多く寄せられた。  もちろん、彼女に対しての非難は度が過ぎていたが...

  It's been more than a year of waiting!  26-year-old Mao Kaneko, who was supposed to represent Japan at the Miss Tourism International 2015 in...

  As a country that espouses itself as racially homogeneous, Japan is not really keen about promoting diversity. Racial purity is highly preferred and any...

Sari Nakazawa, a 22-year-old dentistry student, who represented her native prefecture of Shiga was crowned Miss Universe Japan 2016.  Standing 171 cm tall, Nakazawa...

日本特集 2015年ミスコンのニュースメーカー     第7位 中川愛理沙さん−品川で咲かせた桜の花  2015年ミス・インターナショナル日本代表の中川さんは開催国の代表として世界の代表をもてなし、SNSやメディアを通して活動を広く伝えました。世界大会での入賞はなりませんでしたが、桜の花びらをデザインした着物姿が高く評価され、ベスト・ナショナルコスチューム賞を受賞しました。 第6位 岡根安里さん−日本人初のトップ10入賞  初の日本代表としてミス・ユナイテッド・コンチネンツ世界大会に出場した岡根安里さん。20歳の若さで挑戦した初の世界大会で大きな注目を集めました。カムイの着物はナショナル・コスチューム部門で3位に入賞し、岡根さんは世界大会で見事トップ10入賞を果たしました。   第5位 3年連続の出来レース:ミス・ワールド日本大会  予想通り、3年連続オスカー所属のファイナリストが日本代表に選ばれ、世界大会に出場しました。日本大会には完璧な英語を話す女性、日本語で上手に受け答えする女性、タレントのある女性、立派なBWAP(目的のある美の計画)を持ち実際に活動する女性が何名も参加しましたが、評価され選ばれることはありませんでした。2年連続準ミスに選ばれた吉岡仁美さんはミス・ワールド・ジャパンの活動に最も多く参加するなど、日本代表にふさわしい活躍を見せています。  ミス・オスカー・ワールド日本大会。純粋な気持ちで大会へ出場する女性たちの気持ちを踏みにじる、日本国内で最も納得のできないミスコンです。 第4位 ミス・グランド日本大会−初の開催   セミ・ファイナルが有楽町駅前広場、そしてファイナルが八芳園で行われました。ミスコンの専門家たちがウォーキングレッスン、ファイナリストへの衣装の提案・確認、オープニングの振り付けを担当、トップ3のイブニングガウンの準備(フィリピンの有名デザイナーによるデザイン、縫製)、世界大会で結果を出した日本人2人を特別講師として招待、音楽の準備・音響を担当、写真撮影、SNSへの頻繁な投稿、動画の作成・上映、確かな情報をファイナリストへ伝える、集計システムの作成、ファイナルの進行を行うなど、 ミス・ワールド日本大会と全く正反対で納得のできる日本大会となりました。 またその大会では、2014年世界大会優勝のDaryanne Leesさんが審査員の一人を務めました。 第3位 ミス・グランド日本代表−田中綾郁フィーバー  世界大会が行われたタイの地元ファンの心を鷲掴みにした田中綾郁さん。看護師としての経験や目標、ウォーキング、手作りのナショナル・コスチューム、ベスト・イブニングガウン賞を受賞したガウン、おもてなし、表現力、発信力、チャーミングな笑顔が大きく評価され、田中さんは世界大会で見事トップ10入賞を果たしました。 第2位  ミス・インターナショナル・クイーン・オブ・コーヒー世界大会優勝−内田有理さんの活躍  2015年、年明け後すぐの世界大会で感動の優勝を果たした内田さん。その後も国内を駆け回り、コーヒー関係の仕事やイベントへの参加・取材、自習、本の出版と活躍を広げています。現在コンロンビアで行われている世界大会でも前年度優勝者として大会を支え、地元の人々と近くそして深く関わり、大会を盛り上げています。 第1位  ミス・ユニバース世界大会−宮本エリアナさんトップ10入賞   宮本エリアナさんはアメリカ人の父と日本人の母を持つダブル。彼女は初のダブルの日本代表として、ネットなどでも注目を集めました。Missosologyは、宮本さんが長崎県代表に選ばれた直後から彼女に注目し、すぐに取材するなどし、日本語と英語で記事を書き投稿し続けました。その結果、宮本さんの存在と活躍が世界中へ広まりました。宮本さんはその後多くの取材を受け、メディアにも取り上げられました。注目の出場者として世界大会に出場し、トップ10入賞を果たしました。

トライ、トライ、トライ! 世界大会出場まで何度でも挑戦できるミス・ユニバース・フィリピン大会(Binibining Pilipinas)のシステムが、国内大会のレベルを上げ、盛り上がりを見せ、世界大会で確実に結果を出している。 過去6年間のミス・ユニバースフィリピン代表の結果は以下の通り。     2010年 Maria Venus Raj ー2008年ミス・アース・フィリピン国内大会5位(一番左の写真)、2010年Binibining Pilipinas優勝、そして、ミス・ユニバース世界大会5位。   2011年 Shamcey Supsup ー建築家(国家試験成績1位)である彼女はBinibining Pilipinasに初参加・優勝、そして、ミス・ユニバース世界大会4位。今年度も、2012年の優勝者 Janine Mari Tugononは4位(下の写真一番右);2014年の優勝者 Mary Jean Lastimosa 5位(一番左)。                       2012年 Janine Mari Tugonon ー2011年Binibining Pilipinas4位、2012年Binibining Pilipinas優勝、ミス・ユニバース世界大会2位。今年度も、Mary Jean Lastimosaは2度目の参加、トップ5受賞ならず。   2013年...

先日、2015ミス・ユニバース世界大会が終わり、今年のBIG4(ミスコン世界4大大会)が全て終了しました。 歴史に残る感動と喜びの結果を出したミスコン大国フィリピン。主要大会であるミス・アースとミス・ユニバースの2大会で優勝を果たしました。  日本初のミックスである代表として大きな話題を集めた宮本さんのトップ10入賞のみで終わった日本、なぜ日本代表は結果を出せないのでしょうか? 1.システムの違い ミスコン大国フィリピンでミス・ユニバース・フィリピン代表を決める国内大会Binibining Pilipinas。この間、世界一に輝いたPia Alonzo Wurtzbachさん(右の写真)はこの大会に何度挑戦したのかご存知ですか? 正解は3回です。 1度目 第5位。 2度目 トップ7入賞ならず。 3度目 優勝そして初めてフィリピン代表となり、世界一に輝きました。 何度でも挑戦できるフィリピンの国内大会。そこで努力・競争・挫折・挑戦・巡り合わせ・ドラマ・覚醒などを経験し、世界で活躍する精神・肉体・駆け引き・自信・外面の美・内面の美・表現力・メディアへの対応・SNS発信の下地を身につけることができるのです。 目を日本国内に向けると、ミス・ユニバース日本大会への参加は一度のみと制限されています。そのシステムが日本代表、伸び悩みの原因の一つではないでしょうか? 2.適切なトレーニング   2015ミス・ユニバース世界大会の水着審査を例に挙げたい。フィリピン代表と日本代表、そのウォーキングのレベルに大きな差が見られました。2人の登場20秒間をそれぞれ見て比較しただけで、どちらが世界一に輝くのかが分かります。宮本エリアナさん(左写真)は決してウォーキングが下手ではありませんが、日本大会後そのウォーキングに上達は見られませんでした。 世界で結果を出すためには適切な指導者そして、効果的なトレーニングが必要です。 3.作戦   何の作戦なくして入賞、そして優勝は達成できません。イブニングガウンの色はどう選べばいいのか?今年のミス・ワールド世界大会優勝のスペイン代表のガウンそして、ミス・ユニバース世界大会優勝のフィリピン代表のガウンもクラウンの色とデザインにマッチして豪華でした。これに対し、日本代表のイブニングガウンの評判は例年とても低く、他の国から一歩も二歩も遅れています。工夫・改善が必要です。 メディアへの対応はどうすればいいのか?制限せずに取材を受け続ければ、一時的に注目されてもあっという間に話題に上がらなくなります。これをコントロールすることが大事です。 ミス・アース日本代表そしてミス・ワールド日本代表の投稿ビデオ。この出来には正直顔を覆いたくなります。他国に比べてスムーズではない英語力を磨き、そして映像編集はもっと工夫して、注目してもらえるビデオに仕上げる必要があります。   最後に、これまでの結果の出ないやり方に従う、またはこだわるだけでなく、ミスコンの専門家にアドバイスを求めることで新しい道そしてチャンスが広がります。 世界4大大会において話題がないとトップ10入賞できない日本。次のトップ10入賞まで再び7年待つのでしょうか? いや、日本人は良いものを真似て工夫・改善させ世界一のメイド・イン・ジャパンを創造することが得意です。「技術は嘘をつかない」これまでの制限を見直し、適切なトレーニングを行い、専門家を交えて作戦を立て実行すれば、今年のフィリピンの記録を超えることが近い将来できるのではないか? 私はそんな大きな夢を心に描いている。/記事:伊勢翔太

Welcome to our Miss Universe Pre-Arrival Hot Picks! Or shall we say Arrival Hot Picks? It's day one at Miss Universe 2015 and the...

Miss Universe 2015 Hot Picks Week No. 2   In this week, Miss Universe Philippines 2015 Pia Wurtzbach leads in our Miss Universe 2015 hotpicks after...

  She was the reason why we were glued at her national pageant.  Many of us wanted her to win, and we rooted for her...

Miss Universe Japan 2015, Ariana Miyamoto, the most talked about MUJ winner in recent memory may have attracted the interest of the whole world...

It's only been two weeks since her crowning, the most talked about winner in the history of Miss Universe Japan, Ariana Miyamoto (20) got the...
//whairtoa.com/4/2224625