Kyushu region crowns Miss Supranational Japan 2018 delegates

0
1850

Kyushu Island, in the southwestern end, of Japan recently crowned three prefectural winners to complete all seven prefectures in a full-house event held at the Daimyo MK Hall in Fukuoka City.

Crowned as winners from a group of eleven pre-selected contestants were Yoko Harada as Miss Supranational Fukuoka 2018, Aya Kiyota as Miss Supranational Kagoshima 2018 and Satomi Noguchi as Miss Supranational Saga 2018.  They would now join the four other Kyushu delegates on their quest to the Miss Supranational Japan 2018 crown.  Present during the said events were Miss Supranational Nagasaki 2018 Rina Nagaoka, Miss Supranational Miyazaki 2018 Natsu Tagai and Miss Supranational Kumamoto 2018 Mai Morita.  Miss Supranational Oita 2018 Kaho Ogawa could not attend the event due to an important field work outside of the country.

The Kyushu delegates of Miss Supranational Japan 2018 will now undergo intensive training en route to the Tokyo national finals which will be held on May 6th at the Tokyo FM Hall.  A trip to Manila and attendance to the world-reknowned Manila Fashion Festival 2018 await the seven lucky young women.

 

2018ミス・スプラナショナル・ジャパン九州地区代表の7名が決定

(福岡市) 先日、2月24日(土)に福岡の大名MKホールで開催されたミス・スプラナショナル・ジャパン九州大会。

この日は事前に選ばれた11名のファイナリストがステージへ、中には沖縄や広島から駆けつけるファイナリストも。

既にフランチャイズホルダーによって選出された熊本代表の森田真以(2さん、宮崎代表の田上奈都さん、長崎代表の長岡里奈さんも会場に駆けつけ大会を盛り上げた。大分代表の小川果歩さんは海外研修のため欠席。 会場は満席、レベルの高い地方大会となり最後の最後までウィナーの予想は困難。 審査の結果、佐賀代表に野口さとみさん、鹿児島代表に清田彩さん、福岡代表に原田陽子さんが選ばれた。

昨年は九州地区から日本大会へ出場した代表は4名、今年は各都道府県から7名が参加するなど九州地区も大きな成長を見せる。

あるミスコン関係者は九州大会について「ミスコン専門のトレーナーが指導し、短時間でファイナリストを成長させ、これだけあったかい大会は初めてです」と語った。

幸運なことに九州地区の代表になったミスは、4月にマニラで開催される世界6番目に数えられるマニラファッションフェスティバルのランウェイを歩く。そこで、さらにフィリピンのミスコン専門トレーナーからトレーニングを受ける予定だ。

ミスコン大国で開花した九州代表のファイナリストが5月6日(日)Tokyo FMホールで開催される日本大会でトップ5、いや日本代表に輝くのかもしれない。ぜひ注目していただきたい。

Comments

comments