2017ミスインターナショナル日本代表選出大会を振り返って

0
3973
Jyunna Yamagata, Miss International Japan 2016, crowns Natsuki Tsutsui, during the coronation night of Miss International Japan 2017. Natsuki Tsutsui will represent Japan in Miss International 2017.

mi17jp

A very jubilant MIJ 2017 winner Natsuki Tsutsui (center) beams with a smile as she is surrounded by Miss International chairperson Akemi Shimomura, and Miss International Japan 2016 Jyunna Yamagata.

 

結果
2017ミスインターナショナル日本大会 

Winner 筒井菜月 Natsuki Tsutsui
1st runner-up 村上麻衣 Mai Murakami
2nd runner-up 福井千聖 Chisato Fukui
3rd runner-up 文室理惠 Rie Fumimuro
4th runner-up 大倉由莉 Yuri Okura


Miss International Japan 2017 トップ8

児玉凜来 Riku Kodama
森有希 Yuki Mori
筒井菜月 Natsuki Tsutsui
文室理惠 Rie Fumimuro
大倉由莉 Yuri Okura
村上麻衣 Mai Murakami
福井千聖 Chisato Fukui
影山鈴華 Rinka Kageyama

2017ミス・インターナショナル日本大会を振り返って

2017 ミス・インターナショナル日本大会ファイナルが10月25日(火)東京ドームシティホールで開催され、東京都出身でセラピストの筒井菜月さん(23)が見事日本代表に輝いた。  今年から会場が変わりさらにアクセスが便利に、そしてライブストリームも無料で配信された。使用された音楽は昨年よりもシンプルで、それぞれの審査を引き立てた。また、ファイナリストの友人や知人が大会中に拍手や名前を呼ぶなど、例年以上に観客席も盛り上がりを見せた。 トップ8入賞者全員のQ&A

児玉凜来さん-社会貢献とは?「周りの人のために何ができるか考え、行動することだと思います。一人一人の優しさや思いやりが行動やサポートとなり、誰かの笑顔に繋がっていきます」

森有希さん-ミス・インターナショナル日本代表の責任とは?「日本の良さを多くの人に伝えることです。まずは日本の良さを自らきちんと理解し、それを多くの人に伝えていく責任があると私は思います」

筒井菜月さん-日本代表になった時の責任と役割は?「海外の方に日本の文化や美を体現できるようになることであると思います。より強い影響力を活かし、より多くの人に日本の良さや文化を伝え、より良い国際関係に貢献していきます。ご静聴ありがとうございました」

文室理惠さん-社会貢献とは?「日本の美を全世界にアピールすることだと思います。ネイティブ並みに話せる中国語を活かし、中国そして世界の架け橋になります」

大倉由莉さん-女性が働く意義とは?「多くの人が自分らしく生きることに繋がることだと思います。これまで私は様々な女性リーダーと対談してきました。彼女たちは生き生きとしている所が共通しています。女性が働くことで、男性にも選択肢を与えることができます。私は将来、国際弁護士として多くの女性に働きやすい環境作りをしていきます」

村上麻衣さん-将来就きたい職業とその理由は?「私は都内で農業をやっています。日々心を込めて育てています。そうして育った野菜は、食べる人の心にもいい影響を与えると信じています。これからはそれに加え、講師や執筆活動など表現する仕事をしていきたいです」

福井千聖さん-女性が働く意義とは?「その人の生きがい、そして自己実現の場であると考えています。女性が社会や家庭で活躍することによって、これから社会が愛情や思いやりに溢れた明るい未来を迎えることができます」

影山鈴華さん-将来就きたい職業とその理由は?「女性の美をサポートする事業を立ち上げたいと思っています。内面も外見も美しくあることが女性として最も幸せであると、母に教わり努力してきました。私は、日本人女性が社会進出する機会をさらに増やしたい、そういう思いから女性一人一人をサポートする事業を創出したいと考えております」

「立ち姿一つ取っても、筒井さんは別格だった」と国内のミスコン専門家は大会を振り返った。大会後、マスコミ向けの写真撮影で筒井さんは「イブニングガウンの裾を直していただけますか?」とスタッフにお願いし、日本代表として写真一枚でも写り方を気にかけ、、美へのこだわりを見せた。 フィリピンから世界大会のために取材に来ていたメディアも最初から「15番」と筒井さんの優勝を予想。ミスコンでは外見の美やウォーキング、スピーチや質疑応答が大事にされる傾向があるが、実はメンタルの準備が何よりも大切。決してその準備を怠らなかった “眠らないうさぎ” 筒井さんは、間違いなく1年後の世界大会で通用します。日本代表となった彼女の夢をこれからも全力で応援、サポートしていきたい。

/伊勢翔太

PHOTO GALLERY

着物審査


 

水着審査


 

イブニング・ドレス審査


 

結果発表、その他

Comments

comments