Miss International Japan 2017 Final Hot Picks

0
9985

2017ミス・インターナショナル日本大会

ファイナル・ホットピック

来週10月25日(火)東京ドームシティホールで、2016年ミス・インターナショナル日本大会が開催される。ここで注目の10名とその他の12名を紹介したい。

1位 筒井菜月さん(23歳)は東京都出身の23歳である。以前ミス埼玉だった時には、埼玉県内のイベントに何度も足を運び、県知事とも面会。 日本の文化・伝統・歴史を精力的に学び、体験し理解を深めている。フィリピンではスラム街支援センターを設立。  筒井さんは、今までの ミス・インターナショナル日本代表の誰もが持っていなかったカリスマ性を持ち、多くのファンが彼女を支持。  筒井さんは大卒の学位を持たず、また決して裕福とは言えない。しかし、そのことで差別されるようなことがあってはなりません。 事務局側には若い女性にチャンスを与える機会であると前向きに考えていただきたい。 日本国内トップレベルのウォーキング、考え抜かれたスピーチと無駄のないボディメイキング。 日本大会当日は、多くの知人・友人がオーラに満ちた筒井さんの応援に駆けつける。

Natsuki Tsutsui


 

2位- 文室理惠さん(21歳)は東京都出身の大学生である。10年間中国に住んでいた経験を持ち、現在は北京の大学でジャーナリズムを学び、日本語の先生をしている。日中英3ヶ国語を活用し、国と国との架け橋となりたい文室さん、苦手なウォーキングを日本大会までに克服し、頂点に輝くことができるか?

Miss International Japan 2017


 

3位- 村上麻衣さん(25歳)は神奈川県出身の法律事務所・秘書である。また、農園で野菜も育てている。「美への道は一日にしてならず。情熱と真心を持ってステージへ立ちます」日本大会に向けお世話になったウォーキングの先生や、パーソナルトレーニングの先生に村上さんは最高の報告をしたい。

Mai Murakami


 

4位- 川崎美海さん(21歳)は女優である。最近、再び読んだ小説、浅き夢見し。「いつも勇気、センス、根性を、与えてくれるシンデレラ物語です」「この1週間強い心の持ち様が大切」川崎さんは接骨院やボクシングジムに通って日本大会の準備を行う。日本大会当日、美しい海に太陽(上位入賞)は昇るだろうか?

400_600_201609231654e8c9c29c52


 

5位- 影山鈴華さん(21歳)は埼玉県出身の大学生である。 18年間よさこいを続け、国内のミスコンにはこれまで2度出場、イタリアへの留学経験があります。「身も心も美しく、より独創的に」影山さんの個性がステージ上で輝きを放つ。

Rinka Kageyama


 

6位- 岩本恵美加さん(25歳)は静岡県出身のモデル・MCである。テレビでリポートを担当。「先日、友人から日本大会頑張ってねと、可愛い花と、入浴剤、心がポッとなるようなメッセージカードをもらいました」辛いことも笑顔で乗り越えることのできる岩本さん、彼女のスピーチに注目したい。

Emika Iwamoto


 

7位- 福井千聖さん(25歳)は兵庫県出身のモデルである。 「10月25日の日本大会に向けて、ウォーキング・ポージング・スピーチのレッスンにも力が入っています」福井さんは自分の可能性を信じ、前進し続ける。

Chisato Fukui


 

8位- 及川春香さん(22歳)は神奈川県出身の大学生・モデルである。小さな頃からアトリエに通い、現在は美術大学に通う。「自己表現に興味を持ちモデル、女優の道を選びました」 芸術で世界に平和を、及川さんの可能性もまた無限大だ。

Haruka Oikawa

9位- 児玉凜来さん(20歳)は東京都出身の大学生である。 大学では異文化コミュニケーションを学び、将来の夢は祖母のようなモデルになること。K-1のハイキックを得意とするギャップを持つ児玉さん、凛とした姿で日本大会のステージへ立つ。

Riku Kodama


 

10位- 鈴木真美さん(24歳)は静岡県出身のウォーキング講師・モデルである。現在、自分が経験したことを生徒達に指導する。「将来はチャリティー活動をより多くの人に伝えたい」という鈴木さん、教え子たちに上位入賞のニュースを届けたい。

Mami Suzuki

 

この日2017年ミス・インターナショナル日本代表に輝き、2016年日本代表の山形純菜さんからブルーの冠を引き継ぐのは誰でしょうか?

ここでその他の12名を紹介したい。

/伊勢 翔太

Comments

comments

NO COMMENTS

LEAVE A REPLY