2016ミス・ユニバース日本大会(MUJ)を振り返って

0
3220

2016ミス・ユニバース日本大会(MUJ)を振り返って

オープニング・ダンス

今年は全員が白のトップス、そして黒のショートパンツで合わせ統一感がありました。オープニングナンバーは”Word UP!(The Alias Radio Edit) little mix。昨年に引き続きlittle mixの曲が使用され、ダンスの振り付けはここ3年あまり変わりません。お決まりとなっている腰振り・グループごとのソロ・そして中央に集まっての決めポーズ。今年ステージはさらに狭くなりましたが、一生懸命踊るファイナリストは全員輝いていました。

Opening MUJ 2016

トップ16発表

一番のショックは群馬代表の福井リエさんが選ばれなかったことです。トップ16発表後すぐ彼女について多くのコメントがSNSに寄せられました。  活躍が予想された関東勢からは東京と神奈川代表のみが選出され、四国勢からは高知・徳島・香川代表の3名が選出された。前日に投稿したファイナルホットピックで予想した16名のうちこの日13名がトップ16に選ばれました。ミス岐阜とミス奈良の選出に驚きました。しかし、ミス奈良の高野佑希子さんはダンスそしてスピーチにも自信があり、BC中に行われた最後のスピーチ対決では46人中1位を獲得しました。長崎代表の若林薫子さんはトップ16入賞を逃し、長崎3連覇とはなりませんでした。

Miss Universe Japan 2016 Announcement


水着審査

MUJ2016SwimsuitTop3

 

キャットウォークが上手だったのはミス福島の佐藤真湖さん、ミス富山の中沢あゆみさん、ミス神奈川の高橋未来さんの3人でした。

高橋さんは2年前から本気で日本代表を目指し始め、2012年日本代表の原綾子さんからパーソナルトレーニングを受けてきました。高橋さんのメイク、ヘアースタイルそしてウォーキングなどから原さんの指導力の高さとその成果を見ることができました。

この日、ミス熊本の松本紗也加さんの体はベストに仕上がっていました。

 


トップ5発表

ミス滋賀・福島・高知・熊本・静岡、この5人の顔つき・肌の色などの基準はまるでミス・インターナショナル日本大会のようでした。 福島テレビは福島大会からずっと佐藤真湖さんの密着取材を続けていて、我々にも彼女の魅力を伝えてくれました。高知代表の西村紗也香さんがトップ5に選ばれ驚きませんでしたか?彼女は以前アイドルとして活躍していました。そして、彼女の最大の強みは決してあきらめないこと。千葉大会そして神奈川大会に挑戦するもウィナーにはなれず、高知代表として日本大会出場を決めました。そんな 西村さんは、昨年東京代表として活躍した多田玉青さんに適切なアドバイスをもらい、本番では全く緊張せずにステージに上がりトップ5入賞を果たしました。

MUJ 2016 Top5


イブニングガウン&Q&A 審査

ミス滋賀の中沢さんの白いガウンはシンプルで美しく、出てきた瞬間に彼女はクイーンのオーラを放っていました。他のイブニングガウンはサイズが合っていなかったり、インパクトが弱かったです。その中ミス福島のガウンは彼女にサイズがぴったりで良かったです。ミス高知のガウンは昨年、宮本エリアナさんが着たガウンを思い出させるデザインでした。

Evening Gown Miss Universe Japan 2016_1

 

「あなたを漢字一文字、または一言で例えると?」ーミス熊本・松本紗也加さん「向上心に例えます。すごく高い向上心を持っている自信があります。何事にも努力を重ね、成長という結果をもたらすことができます。向上心を持って取り組むことが大切であると考えています」

「あなたが人生の中で最も影響を受けた人は誰ですか?」ーミス滋賀・中沢沙理さん「それはオードリー・ヘップバーンです。彼女は美しいだけでなく、晩年はチャリティー活動に取り組み、その輪を広げました。私もチャリティー活動に取り組みたいと思いMUJに挑戦しました。そういう意味で彼女に大きな影響を受けました」

「世界大会で日本はどんなに素晴らしい国と聞かれたら何と答えますか?」ーミス福島・佐藤真湖さん「私は地元福島と答えます。震災後人と人とのあたたかさ、相手を想い見返りを求めない無償の愛で溢れていました。日本人のやさしさ、奥ゆかしさ、いつも誰かを想う気持ち、そして無償の愛を世界に伝えたいと思っています。」

「自分が美しいと思ったのは何歳の時ですか?」ーミス高知・西村紗也香さん「幼稚園生の時です。記憶はありません。おもちゃのアクセサリーを付け、喜ばしい顔をしている写真が残っています。その写真は子供ながらに自分を美しいと思い、カメラに収めてもらったものです。」

「外見以外で自分が誇れることは?」ーミス静岡・塩月ゆかりさん「それは人への思いやりです。私は10年海外で生活し、日本語が話せないまま帰ってきました。相手に自分の意思を伝えるために、行動を予想したり、相手が喜ぶことを考え行動に移しました。辛い思いもしましたが、友達がたくさんでき今ではその経験を誇りに思っています」

Miss Universe Japan 2016 reactionこの5人のQ&Aを聞き、多くの人がミス福島・佐藤真湖さんの優勝を予想しましたしかし、MUJでは「あなたが人生の中で最も影響を受けた人は?」この種の質問を受けたファイナリストが3年連続で日本代表に輝いています。2014年の辻さんはクリスティーナ・アギュレラと答え、2015年の宮本さんはマライア・キャリー、2016年の中沢さんはオードリ・ヘップバーン、来年2017年はどのファイナリストがこの質問を受け何と答え、日本代表に選ばれるのでしょうか?注目してみたい。

以前にもこの話をしたが、もしフィリピンの国内大会のように何度でも大会に挑戦できる仕組みが日本でも実現すれば、毎年ファイナリストの顔ぶれこそあまり変わらなくなるかもしれないが、国内大会のレベルが一気に上がり、毎年世界大会でトップ5入賞が当たり前となるような時代が訪れるだろう。一度きりの挑戦権というのはあまりにもったいない。

2015年ミス・ユニバース世界大会でウィナーに輝いたフィリピン代表のPia Wurtzbachさんと中沢沙理さんとの共通点は大手タレント事務所に所属し、モデル活動をしていることです。CMにも出演したことのある中沢さんは本気でミス・ユニバース世界大会に挑戦し、日本代表として世界大会のグランプリを目指しているのでしょうか?また、日本国内でのタレント契約を一度あきらめる覚悟はあるのでしょうか?今後も中沢さんの活動や活躍を伝えていきたい。

MUJ2016

GALLERY

Comments

comments

NO COMMENTS

LEAVE A REPLY