Miss Universe Japan 2016 1st Hot Picks

0
1328

 

第1回 MUJ2016 ホットピック

(注目する出場者のランキング)

ホテル椿山荘でのビューティー・キャンプ開始まで約2週間。ここで、今大会注目の出場者を紹介したい。

1. —ミス富山の中沢あゆみさんは長野県出身。世界のミスコンファンから絶大な人気があります。中学・高校と6年間吹奏楽部に所属し、 金賞を受賞、東海大会にも出場しました。高校2年生の時にはパーカッションの県内選抜に選ばれました。 「ウォーキングには自信があります。水着、ドレスを着た私のウォーキングを日本大会の舞台で見てください。誰よりも輝いて魅せます!」

2.—ミス滋賀の中沢沙理さんの趣味は旅行。海外約20ヶ国、国内は数え切れない程沢山の土地を訪れました。世界のミスコンファンからも人気があります。 高校時代には、学校代表として英語の作文で選ばれた約10名と共にベトナム・カンボジアにボランティア研修に行き、孤児院や病院研修を経験しました。 「医療大学に通う理系女子です。好奇心旺盛な性格を持ち、生徒会長や海外ボランティア研修も経験しました。これからも躍進します!」

3—ミス群馬の福井リエさんは小5の時、走り高跳びで県8位に入賞しました。また小5からバレーボールを続けていて、高校生の頃、全国大会に出場しました。高校卒業後はカナダへ留学、その後ニュージーランドの企業で働きました。バリスタの資格を持ち、美味しいエスプレッソやラテなどを作る事ができる福井さん。「ローマは1日にしてならず。誰にも負けない努力と最高の笑顔で世界を目指します!」

4—ミス長野の轟瑞恵さんは競泳を20年間続け、インターハイ出場や国体出場を果たし、長野県新記録も樹立しました。 「3歳~12歳の9年間は日本舞踊をやっており、人前に立つのが大好きでした」夢がオリンピック出場からミス・ユニバース日本代表へと変わった轟さん、その夢をぜひ美しい努力で叶えて欲しい。

5—ミス三重の矢田百恵さんは現役の高校生。書道で全日本高校大学書道展準優秀賞、写真で高校新人写真コンテスト佳作、水泳で全種目の検定合格などマルチな才能を発揮し活躍しています。 「青少年赤十字国際集会に参加し、その活動が評価され2015年度ボランティア功労者厚生労働大臣表彰を頂きました」  モデルとして50のステージを経験した八田さん、古き良き日本人女性のように内面を磨きクラウンを掴み取るつもりだ。

MissUniverseJapan2016

6—ミス福井の山田益実さんは剣道を6年間、そして書道を22年間続けています。これまでの最大のチャレンジはアメリカ生活、NYで海外の人々とルームシェアを経験しました。 「ダンス講師の祖父の影響でサルサダンスを踊ること、リズムに合わせて身体を動かすことが好きです」NYで身につけた強いハートで、高いモチベーションを保ち日本大会へ臨む。

7—ミス神奈川の高橋未来さんは高校生の頃、全国スペイン語スピーチコンテストで全国3位を受賞しました。大学では女子ラクロス部に所属し、日本一を目指しました。現在はモンゴルのマンホール・チルドレンを支援する団体にも関わっています。日本大会当日は高橋さん自身の誕生日、これは何かの運命なのかもしれない。

8—ミス静岡の塩月ゆかりさんは15 年間テニスでプロを目指していました。中学・高校では6 年連続で全国大会に出場しました。「募金活動等で集めたお金で、日本語を学んでいるカンボジア学生を日本に招待するというプロジェクトを立ち上げ、成功させることができました」10年間アメリカとイギリスで生活し、TOEFL満点・英検 1 級の資格も取得。 塩月さんは高身長を大会で活かすため、今この瞬間の内面・外面の美しさを磨いていくつもりだ。

9—ミス千葉の森田美沙さんは高校三年間チームのメンバーとして全国高校駅伝に出場しました。20歳の時、海外で行われたファッションショーにモデルとして参加しました。祖母と電話で話をする時はいつも少しだけ方言が出るという森田さん。自身が大会へ挑戦し、次の世代に夢を持ち続けることの大切さを伝えていくつもりだ。

10—ミス長崎の若杉薫子さんは中学生の時に吹奏楽部に所属し、県大会に出場しました。これまでに飲食店やエステサロンのスタッフ、保険会社の営業などを経験した若杉さん。今後も知性・感性・人間性を磨き、長崎三連覇の偉業を達成するつもりだ。

 

11—ミス茨城の熊谷恵理子さんはクラッシックバレエを7年間習っていました。 「人生の壁にぶつかった時、母の思いつきにより某オーディション番組に応募、ファイナリストとしてレギュラー出演し、モデルという仕事に目覚めました」自分の幸せは自分でしか決められない、愛の真意を理解して冷静にトレーニングを積むつもりだ。

12—ミス熊本の松本紗也加さんは書道四段。クラシックバレエ、ジャズダンスなどで英国短期留学を2度経験しました。 「大学医学部医学科に入学し 医学の知識・技術の学びと共に精神の自己研鑽を積んでいる毎日です。医療目線から意識改革・社会貢献を訴えるMUを目指します」

13—ミス東京の中村莉紗子さんは大学でゴルフ部に所属していました。そこで、人としてのマナーや相手を思いやる心・協調性・また積極性を学びました。 過去にMUJとして世界大会に出場した祖母、その祖母の大きな背中を最後まで追いかける。

14—ミス福島の佐藤真瑚さんは物心付く頃からジャスダンスを習い始め、他にもクラシックバレエ、タップダンス、ヒップホップを学びました。学生時代に舞台の虜となり音楽大学のミュージカル科に入学し、19歳からはダンスインストラクターを主に、モデル、タレント活動を続けています。「ダンスは心の鏡」その表現力に注目したい。

15—ミス香川の坂本亜里加さんは、シンクロナイズドスイミングを5年続け、ジュニアオリンピックで銀メダルを取ったことがあります。 「高校卒業後、家業手伝いを経てバーの店長を3年務めました。並行して独学で料理の勉強を始め、飲食店をオープンしました」 努力は裏切らない、坂本さんはその信念を強く持って、笑顔で日本大会へ挑戦するつもりだ。

Comments

comments