Miss World Japan 2014:: ミス・ワールド・ジャパン:: Final Hot Pick

0
5905

MWJ01

MISS WORLD JAPAN 2014

Final Hot Picks by Missosology

1. Kaori Sakai

2. Eriko Yoshii

3. Rinako Itagaki

4. Hikaru Kawai

5. Hitomi Yoshioka

6. Kiyomi

7. Maki Ishizuka

8. Rie Ohta

9. Mayu Kubota

10. Rina Akizawa

11. Airi Minami

12. Airu Nazuki

13. Arika Tachibana

14. Makiho Kawasaki

15. Ruri Chikuma

16. Chika Nakagawa

17. Mao Kaneko

18. Yuri Hayasaka

19. Kotona Sakai

20. Sayaka Ishii

 

1位 - 坂井香さんは、2009年には第14回 新橋こいち祭ゆかた美人コンテストのグランプリに選ばれ、2010年ミス•インターナショナル日本大会にはファイナリストとして出場。スポーツチャレンジ(5000m)では2位、トップモデル審査ではトップ11に選ばれました。英語は十分通用するレベルです。ボランティア活動について坂井さんはこう考えます。

Volunteer activities are the beauty and love in our lives.It is not only dedicating for societies as one of women in this world, you touch and feel hearts, it also makes myself and people around me beautiful. Moreover, it builds up trustful relationship from communications and when we are appreciated from the activities, there are loves.(ボランティア活動は私たちの人生に美と愛を与えてくれます。この世に生まれた1人の女性として社会に捧げるだけのものではなく、ハートに触れ、感じることができます。私自身そして周りの人々をも美しくしてくれます。コミュニケーションを通して信頼できる関係を築き上げ、活動を通して感謝されるならばそこには愛が生まれます。)

坂井さんはFBをほとんど更新しませんが、twitter、そしてブログはよく更新しています。

「ミスワールド、世界大会ではきっとたくさんのパーティがあるんだろうなぁ?そしたらDJで盛り上げたいなぁ。」

https://www.facebook.com/kaori.sakai.7503?fref=ts

 

2位 - 吉井絵梨子さんは2012ミス•ユニバース•ジャパン秋田代表、2012ミス•アジア•パシフィック•ワールド日本代表、2013ミス•グランド•インターナショナル日本代表に選ばれました。スポーツチャレンジ(5000m)は4位、トップモデル審査ではトップ11に選ばれました。大学はアメリカに留学したため、英語はかなりできます。FBのファンページのライクはダントツで1800を超えています。英語での投稿も多く、MWJの活動報告に加え、BWAPについての投稿も多くあります。

「学校を作り、子どもたちに教育を受けるチャンスを作りたい。」また、ネパールで青少年に野球の楽しさを紹介しているボランティア団体《NPO法人野球ラリグラスの会》の活動にも参加しています。

目指す女性はオードリーヘップバーン、「彼女のように人々に生きる力を与える存在になりたい。」

MWJに向け他のどのファイナリストよりも準備をし、世界大会を視野に努力を重ねてきた吉井さんがMWJグランプリに輝く瞬間をぜひこの目で見届けたい。

https://www.facebook.com/missjapan.jp?fref=ts

 

3位 - 板垣里菜子さんは、ボランティアグループ「Hope」のメンバーとして 女性の地位向上や教育の向上に力を注いでいます。スポーツチャレンジ(5000m)は7位。6月から食事制限と運動で5キロの減量に成功。FBのファンページはミス•ワールド日本大会のために作り現在8ライクは800に迫っています。英語での投稿も多く、My BWAP①と題名を付けて活動を報告しているため大変読みやすいです。カリフォルニアに約10年住んでいたことがあり、英語はネイティブレベルです。

「女性が安心して子供を産んで活躍できる社会 を作りたい。 また、子供達を救うことにも力を尽くしたい。発展途上国の子供達にも先進国の子供達のように平等な教育の機会を与えたいです。」

粘り強いライディング(ウォーキング、スピーチ)で表彰台(MWJグランプリ)を目指す。

https://www.facebook.com/rinako.rina.itagaki?fref=ts

 

4位 - 河合ひかるさんは、2010年10月には第19代トリンプ・イメージガールに就任、2013ミス•ワールド日本大会では準ミス•ワールドに選ばれました。英語レベルは不明。トップモデル審査ではトップ11に選ばれました。SNSへの投稿は特にありません。

 

5位 - 吉岡仁美さんはトップモデル審査でトップ11に選ばれました。英語レベルはまあまあである。

「大学時代の4年間、自らボランティアチームを立ち上げ、病院や老人ホームでボランティアコンサートを行いました。」

FBでは友達申請が多く、MWJの活動報告に加え、趣味のアクセサリー作りを紹介しています。村山和実さん(2011ミス・インターナショナル日本代表)にウォーキングだけでなく姿勢改善、体幹のトレーニングも教えてもらいました。

持ち前の明るさでミス•ワールドとして世界を繋ぐつもりだ。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100003176049489&fref=ts

 

6位 - Kiyomiさんは2013ミス•ワールドジャパン審査員特別賞を受賞しました。トップモデル審査ではトップ11に選ばれました。FBではMWJの活動報告やフットサルの大会スタッフをしたことなどを投稿しています。英語レベルは不明です。東日本大震災子供支援団体「青空笑顔プロジェクト」の一員として活動しています。

「7月6日にチャリティーパーティーに参加し、ファッションショーに出演しました。パーティーでの収益は飯舘村の子供たちの笑顔のため使用します。また、昨年のフィリピン災害ではチャリティーを実施し、国連を通し集まったお金を寄付する活動を行いました。」

「FC.Braca松戸はKiyomiさんを応援しています。」

「サッカー大好きだから、サッカーのチームに応援されるとすごく嬉しいです。」

https://www.facebook.com/kiyomi.morita.9?fref=ts

 

7位 - 石塚茉希さんは2013ミス•ワールド日本大会でファイナリストに選ばれました。米(ロサンゼルス)英(ロンドン)への留学経験があり、英語はかなりできます。

7/4~6、宮城県南三陸町にて震災復興ボランティアを行いました。イギリスでは、Chelsea flower showという世界最大のフラワーショーに日本代表チームの一員として和風の庭づくりのボランティアに一ヶ月参加し銀メダルを受賞。その後ロンドン留学中には乳がん撲滅チャリティウォーク、大学のチャリティーグループでの募金活動に参加しました。

20日(日)には、長坂先生(元準ミスワールド日本代表、元ミス日本)と石坂直美先生(2005ミスインターナショナル日本代表)のレッスンを受けました。FBには英語で投稿することもあり、MWJの活動を写真や上手くまとまった文章でファンを喜ばせています。

「最近パタパタしているので、日本大会に向けていちファンだったころの強烈な憧れ、夢、わくわくした気持ちなど初心を思い返しました。今年は結果を残したい、ラストチャンス!全力を尽くします。」

https://www.facebook.com/maki.ishizuka.18?fref=ts

 

8位 - 太田理恵さんは2013ミスソフィアに参加、目標設定をし達成のために計画的に努力を重ねることが得意です。スポーツチャレンジ(5000m)では5位、トップモデル審査ではトップ11に選ばれました。高校生の時にアメリカの姉妹校へ留学、英語レベルはほぼネイティブレベルです。金ヶ江悦子さん(2010年ミスインターナショナル日本代表・世界大会4位・ミスエレガンス賞受賞)のウォーキングレッスンを受けています。Youtubeに活動報告などの動画を配信し、FBにはMWJの活動を英語でも投稿しています。

「ボランティアに行ってきました!ハンディのある方々にとって、私たちの当たり前は特別であることを再認識しました。とっても素直で一生懸命生活をしていて、私も楽しむことができました。」

「終わった時に達成感でいっぱいになるように、ファイナリスト全員ができることを全部やって、本気で日本大会に臨めばきっと素敵な大会になる。」

https://www.facebook.com/rie.McDonogh?fref=ts

 

9位 - 窪田麻佑さんは2009「東京きものの女王」、2013ミス•ユニバース東京代表に選ばれました。トップモデル審査ではトップ11に選ばれました。FBでは1つの投稿にライクが300を超えることもあり、写真はメッセージやデコレーションが加えられています。時々英語での投稿もあり、英語はかなりできます。

「先日、ゴミ拾いボランティアNPO グリーンバードの活動に参加してきました。グリーンバードは全国各地にチームがあります。早朝から体を動かし、街をきれいにするって素晴らしい♪」

最近買った本は「エースと呼ばれる人は何をしているのか」MWJでエースの座を狙うつもりだ。

https://www.facebook.com/mayu.kubota.12327?fref=ts

 

10位 ― 秋澤里南さんはショパン国際ピアノコンクールin AsiaアマチュアソロAA部門では銅賞を受賞。スポーツチャレンジ(5000m)では6位。FBに少なめですがMWJの活動報告があります。英語レベルはまあまあである。

「私は夏が大好きなのでテンションが上がります。夏っぽいこと、もっともっとしたいな。」

MWJがこの夏最大の思い出になるはずだ。

https://www.facebook.com/akzw35rn?ref=ts&fref=ts

 

MWJ02

 

11位 - 南愛梨さんは2010ミス•インターナショナル日本代表候補、そして2013ミス•ユニバース栃木代表である。トップモデル審査ではトップ11に選ばれました。

「児童婚は少女と女性たちへの差別と人権侵害の主な原因となっています。児童婚をなくす為には彼女達自身も権利に関する理解を高めなければなりませんが、私達もこの悲しい現状を理解し、まず知ることが世界で起きている問題を変えていく一歩に繋がるのではないのかと私は思います。」

FB、ブログでMWJの活動報告をしています。

「人はこの世に生まれてきたのだから少なからず世の中の役に立てる人間でなければならない。」という母の教えを胸に、多くの人に愛を与えることのできる日本代表を目指す。

https://www.facebook.com/airi.minami.79?fref=ts

12位 - 菜月アイルさんはアイドル、そして歌手としてソロ活動もしています。スポーツチャレンジ(5000m)では1位。FB、ブログでMWJの活動報告、そしてライブ活動の様子を伝えています。

「ファイナリストのみんなはある意味ライバルだけど色んな壁をみんなで一緒に乗り越えてきた仲間だよねっ。」

「私はある意味アイドル代表でもあるので、そこも一つ背負って世界のみんなに驚きをプレゼントしたいです。」

https://www.facebook.com/airu.nazuki?fref=ts

13位 - 橘ありかさんはアイドルでハニースパイスのメンバーとして歌手活動もしています。

「私には人を笑顔に、元気にするパワーを持っている自信があります。」

「フィリピンで2年間芸能活動をし、もっと世界の人々に愛を、笑顔を、癒しを届けたいと思いました。」 トップモデル審査ではトップ11に選ばれました。FB、ブログではMWJの活動報告、そしてアイドル活動の様子を伝えています。200%LOVEでMWJのグランプリを目指す。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004844611463&fref=ts

14位 - 川㟢麻貴保さんは、2年前大学を休学してオーストラリアで生活し、濃厚な日々を過ごしました。ちょうど30年前、1984年川㟢さんのお母さんはミス・ワールド日本代表でした。

9月に国連大学グローバルセミナーに参加します。また、STAND UP TAKE ACTION(貧困解決の為の、世界的なキャンペーンで、ミレニアム開発目標の達成を後押しするグループ)の活動にも参加しています。さらにgreen bird 「きれいな街は、人のこころもきれいにする」をコンセプトに「街のそうじ」活動にも参加しています。FBにはMWJの活動報告そして、ボランティアについての投稿が目立ちます。

「〜福岡から全国へ、世界へはばたく力を〜」

https://www.facebook.com/Makiho1225?fref=ts

15位 - 竹間瑠莉さんは、2012年度の日独学生青年リーダー交流事業に、ミタイ基金からの推薦で参加しました。

国連の内側で学んでみて竹間さんは帰国後、南米パラグアイへの学校建設費用を集めるために、パラグアイフェスティバルで、南米産の民芸品やパラグアイ産のマカダミアナッツを使用したクッキー、マテ茶の販売に携わりました。

「まずは身近にある、自分のできる事から始めてみるということは、ドイツで強く学んだ精神の一つ。」

スポーツチャレンジ(5000m)では3位。吉祥寺へエステ&メイクレッスンに行っています。FBでは友達申請も多く、英語での投稿もあります。また、中国の友人に向け中国語でインターネット投票を呼びかけました。

「中国的朋友、大家好!」

グランドフィナーレは笑顔で歩きたい。

https://www.facebook.com/ruri.chikuma.9?fref=ts

16位 - 中川知香さんはモデル活動をしていています。トップモデル審査ではトップ11に選ばれました。帝京大学のフリーペーパーでMWJファイナリストとして紹介されました。FB、twitter,ブログでMWJの活動を報告しています。

「以前私の地元である柏崎市が中越沖地震の震源地となり、私は避難所のボランティに参加しました。この時に感じたのが、全国からの支援物資や募金の大切さです。」

「今後ミス•ワールドとしてボランティア活動やチャリティ活動のPRをしていくと共に、モデルとしての活動の幅を広げていきます。」

https://www.facebook.com/chika.nakagawa.986?fref=ts

17位 - 兼子真央さんは、 2014ミス•インターナショナル日本大会のファイナリストである。その時ファイナリストとして一緒に戦った、川口ゆりさんが、兼子さんのことをFBで投稿してくれました。

「外見だけではなく、中身が美しい真央ちゃん。話し方や気配り、この写真(FB上にあり)で伝わる魅力以上に本当に素敵な女性です。心から日本代表になって欲しいと願うばかりです!」

「私はこれからも、ゴミ拾い活動をはじめ、人から人へと”思いやりの心”を繋げられるボランティア活動を積極的にしていきたいと思います!」(ゴミ拾いボランティアのNPO法人グリーンバード-greenbird)

FBにはMWJの活動報告に加え、健康についても投稿しています。兼子さんの目標はグローバルに活躍するモデル、女優となり、”表現者”として活躍することです。

https://www.facebook.com/maokaneko0406?fref=ts

18位 - 早坂ゆりさんは、 知性や品性、そして日本人としての趣深さというものを兼ね備えた女性になりたいと思っています。

ストレッチ専門店ドクタ-ストレッチ学芸大学店では来月8月30日に宮城県石巻市にて「んめぇもん祭」というお祭りを手助けする募金を行っています。「んめぇもんを食べよう!」をテーマに仮設住宅に暮らす人達と食べて、歌って、踊って参加者みんなで盛り上げるお祭りです。早坂さんも募金に協力しました。

FBにはMWJの活動報告をしています。

「どんな時でも楽しく笑える人。そういう女性が私は美しいと思います。」アン•ハサウェイ。

ダイヤモンドの原石(早坂さん)が自分を磨き、ステージ上で最高の輝きを放つ。

https://www.facebook.com/hayasaka.yuri.96?fref=ts

19位 - 坂井琴菜さんは学生時代に福祉を専門的に学習しました。トップモデル審査ではトップ11に選ばれました。FBにはMWJの活動報告に加え自分の写真(セルフィー)をよく投稿しています。友達申請も多いです。

「私が学んだ福祉の専門知識を活かし、海外で少しでも多くの人々の助けや励みになれるように頑張ります。」

https://www.facebook.com/kotona.sakai.18?fref=ts

20位 - 石井沙也加さんは大学に進学してから多数のコンサートやコンクールに参加してきました。自分で企画•運営•出演したコンサートもあります。先日、日本・パラオ国際親善大使イメージガールに就任しました。

「日本の良き文化と共に、日本人が作った温かい日本の歌で世界中の方と幸せになりたいです。」

FBにはMWJの活動を報告しています。友達申請も多いです。

「トレーナーみなさんから、綺麗なヒマワリを頂きました。花言葉まで考えてくれて、ヒマワリを用意してくれたそうです。泣くのを我慢するのに必死でした。」

ヒマワリの花言葉は「あなたは素晴らしい」大会後改めてトレーナー、スタッフに会いに行くつもりだ。

https://www.facebook.com/sayaka.ishii.3139?fref=ts

NO COMMENTS

LEAVE A REPLY