Urawa, Saitama - 24 delegates from all over Japan have arrived today in Saitama City's Urawa ward as they compete for the coveted Miss...

Kyushu Island, in the southwestern end, of Japan recently crowned three prefectural winners to complete all seven prefectures in a full-house event held at...

  第三回 MUJ2014 ホットピック (注目する出場者のランキング)   1位 ミス東京の西内裕美さんは元々モデルそして役者でした。スポーツはバドミントンを9年間、水泳を3年間やっていました。 負けず嫌いになったのも、努力が結果に繋がると知ったのもポーツをやっていたからです。西内さんはコマーシャルルックなため万人受けします。 自主的に自己プロデュースした作品(写真)も注目を集め、多くのベトナムのMissosologyのファンも西内さんに日本代表になってもらいたいと思っています。  4年前に何気なく手にとって買い、読んでいた本「世界一の美女の創りかた」当時はまだ世界に目が向いていませんでした。今回東京代表にエントリーした理由は以下の通りです。  生まれ育ったのは福岡県。小さい頃から山と海に囲まれて夏は海や田んぼ、川で遊び回りました。冬は登山や温泉。沢山の感性を磨いてくれたのが、故郷、福岡です。東京に上京して、9年が経ちました。東京と言う街は、とても慌ただしく地元の福岡とは一変。最初は苦手でした。しかし、東京は夢を持って集まっている人も沢山いてパワーや希望に満ち溢れている街です。また、最新のものを発信したり、クリエイティブな考えを持つ人も多く、とても勉強になり、面白いです。『そんな場所を代表して勝負したい。』 21歳の時にはいろいろ勉強したいと思い立ち、15国で一人旅を経験する。「正しいか、正しくないかよりも生きていると感じられる方にいたい。」     ある日の帰り道、正面に出てきた東京タワーを眺め活躍を誓った。 2位 ミス静岡の岩崎光さんは現役モデルそしてウォーキングインストラクターである。 彼女からは可愛いという印象を強く受けます。19歳の時に初めてミスユニバースに挑戦。今回3度目の挑戦で念願の静岡代表のサッシを勝ち取りました。静岡大会での勝因は自分の思いをみんなに伝えることができたからだと岩崎さんは語る。 岩崎さんは、先日商工会議所主催のビジネスネットワーク拡大交流会に参加し、 沼津の未来は君にかかってる!絶対にミスユニバース日本代表になって沼津の名を世界に轟かせて欲しい!と地元の人々からも応援されています。    また、プレトレーニングでは参加者が自分なら誰を代表に選ぶかを教え合う機会に岐阜代表の久綱宏枝さんが岩崎さんの名前を挙げました。 先日ウォーキングレッスンの生徒からプレゼントされたガラスの靴。岩崎さんのシンデレラストーリーはまだまだこれからだ。 3位 ミス福岡の安藤彩綾さんはモデルである。前髪を上げ印象がガラッと変わり、Missosologyのファンからの人気も一気に急上昇しています。3歳から始めたジャズダンスが転じて今では「よさこい」が大好きに。10月のふくこいにグループ「ENTORANCE」として出場しました。  13歳から始めたスキューバーダイビング。同志社大学ではダイビングサークル「ダイビングポイント」に所属していました。彼女がミス・ユニバース・ジャパンを目指すきっかけになったのは沖縄の海を知ったからです。そこで見た、ただ美しいだけではない、悲しい現実も抱える沖縄の海の現状を伝え、一人でも多くの人が未来へ美しい自然を残すことを意識してほしい。それらを伝えられる人になりたいと思うようになりました。   2013MUJ福岡代表井上古都香さんとのランチでは、“肩の力をぬくこと”というアドバイスをもらいました。 ミス・ユニバースの大会で今までにあった質問の1つ 「あなた自身を説明してください。」という質問に安藤さんはこう答えます。私は「うさぎとかめ」というお話にでてくる「かめ」です。たとえ競争相手が一番足の早いと言われているうさぎであっても果敢に勝負に挑み、自分に負けることなく、どんなに遅くても、どんなに遠回りしても最後は必ずゴールにたどり着く。そう思うことができるのも、いつもそばにいてくれる相棒の朔太郎(ウサギ)がエールを送ってくれるからです 。 【 Be serious. You are not trying....

Mio Tanaka from the Ishikawa prefecture was crowned the new Miss Earth Japan during the finals held July 23 in Tokyo. The 24-year-old model has...

  Hiroko Mima is the new Miss Universe Japan national director   Miss Universe Japan 2008 Hiroko Mima recently announced in her social media accounts that she...

  2015ミス・インターナショナル世界大会、 楽しんで目指す世界一 2015ミス・インターナショナル日本代表の中川愛理沙さん(19歳)は現在大学で和裁と洋裁を学んでいます。ファッションに興味があり、特に日本独自の和裁の技術を学ぶことが好きです。福島で生まれ千葉で育った中川さんは、モデルとしても活躍し、大網白里市の観光大使も務めています。大学の課題・羽織(着物)を世界大会終了後に完成させます。 中学2年生の時に国民的美少女コンテストを受け、グランプリ獲得を期待しましたが、結果を出すことができませんでした。その時の悔しさを胸に2015ミス・インターナショナル日本大会に参加、見事日本代表に輝きました。 この世界大会では特に、服飾を専門とする彼女のナショナルコスチュームやイブニングガウン、そして2歳から習っているクラシックバレエと趣味のヒップホップダンスから得た高い表現力に注目したい。 先日、中川さんはラジオ出演も経験し、SNSも頻繁に更新しています。 「地元の日本語学校でアルバイトをした経験があり、モンゴル・フィリピン・韓国の友人がいます。その経験がすごく今活きています」  この日、撮影や一般の人との写真撮影にも丁寧に対応していた中川さんに強い好感を持ちました。 「将来の夢は、世界中どこの国に行っても友人がいること」 「人生一度きり、この大会も人生のいい思い出にしたい、そしてとにかく楽しみたい」と自然体の笑顔で強く語った中川さんの今後の成長(活躍)は我々の想像をはるかに超えているのかもしれない。

日本特集 2015年ミスコンのニュースメーカー     第7位 中川愛理沙さん−品川で咲かせた桜の花  2015年ミス・インターナショナル日本代表の中川さんは開催国の代表として世界の代表をもてなし、SNSやメディアを通して活動を広く伝えました。世界大会での入賞はなりませんでしたが、桜の花びらをデザインした着物姿が高く評価され、ベスト・ナショナルコスチューム賞を受賞しました。 第6位 岡根安里さん−日本人初のトップ10入賞  初の日本代表としてミス・ユナイテッド・コンチネンツ世界大会に出場した岡根安里さん。20歳の若さで挑戦した初の世界大会で大きな注目を集めました。カムイの着物はナショナル・コスチューム部門で3位に入賞し、岡根さんは世界大会で見事トップ10入賞を果たしました。   第5位 3年連続の出来レース:ミス・ワールド日本大会  予想通り、3年連続オスカー所属のファイナリストが日本代表に選ばれ、世界大会に出場しました。日本大会には完璧な英語を話す女性、日本語で上手に受け答えする女性、タレントのある女性、立派なBWAP(目的のある美の計画)を持ち実際に活動する女性が何名も参加しましたが、評価され選ばれることはありませんでした。2年連続準ミスに選ばれた吉岡仁美さんはミス・ワールド・ジャパンの活動に最も多く参加するなど、日本代表にふさわしい活躍を見せています。  ミス・オスカー・ワールド日本大会。純粋な気持ちで大会へ出場する女性たちの気持ちを踏みにじる、日本国内で最も納得のできないミスコンです。 第4位 ミス・グランド日本大会−初の開催   セミ・ファイナルが有楽町駅前広場、そしてファイナルが八芳園で行われました。ミスコンの専門家たちがウォーキングレッスン、ファイナリストへの衣装の提案・確認、オープニングの振り付けを担当、トップ3のイブニングガウンの準備(フィリピンの有名デザイナーによるデザイン、縫製)、世界大会で結果を出した日本人2人を特別講師として招待、音楽の準備・音響を担当、写真撮影、SNSへの頻繁な投稿、動画の作成・上映、確かな情報をファイナリストへ伝える、集計システムの作成、ファイナルの進行を行うなど、 ミス・ワールド日本大会と全く正反対で納得のできる日本大会となりました。 またその大会では、2014年世界大会優勝のDaryanne Leesさんが審査員の一人を務めました。 第3位 ミス・グランド日本代表−田中綾郁フィーバー  世界大会が行われたタイの地元ファンの心を鷲掴みにした田中綾郁さん。看護師としての経験や目標、ウォーキング、手作りのナショナル・コスチューム、ベスト・イブニングガウン賞を受賞したガウン、おもてなし、表現力、発信力、チャーミングな笑顔が大きく評価され、田中さんは世界大会で見事トップ10入賞を果たしました。 第2位  ミス・インターナショナル・クイーン・オブ・コーヒー世界大会優勝−内田有理さんの活躍  2015年、年明け後すぐの世界大会で感動の優勝を果たした内田さん。その後も国内を駆け回り、コーヒー関係の仕事やイベントへの参加・取材、自習、本の出版と活躍を広げています。現在コンロンビアで行われている世界大会でも前年度優勝者として大会を支え、地元の人々と近くそして深く関わり、大会を盛り上げています。 第1位  ミス・ユニバース世界大会−宮本エリアナさんトップ10入賞   宮本エリアナさんはアメリカ人の父と日本人の母を持つダブル。彼女は初のダブルの日本代表として、ネットなどでも注目を集めました。Missosologyは、宮本さんが長崎県代表に選ばれた直後から彼女に注目し、すぐに取材するなどし、日本語と英語で記事を書き投稿し続けました。その結果、宮本さんの存在と活躍が世界中へ広まりました。宮本さんはその後多くの取材を受け、メディアにも取り上げられました。注目の出場者として世界大会に出場し、トップ10入賞を果たしました。

2017ミス・インターナショナル日本大会 ファイナル・ホットピック 来週10月25日(火)東京ドームシティホールで、2016年ミス・インターナショナル日本大会が開催される。ここで注目の10名とその他の12名を紹介したい。 1位 筒井菜月さん(23歳)は東京都出身の23歳である。以前ミス埼玉だった時には、埼玉県内のイベントに何度も足を運び、県知事とも面会。 日本の文化・伝統・歴史を精力的に学び、体験し理解を深めている。フィリピンではスラム街支援センターを設立。  筒井さんは、今までの ミス・インターナショナル日本代表の誰もが持っていなかったカリスマ性を持ち、多くのファンが彼女を支持。  筒井さんは大卒の学位を持たず、また決して裕福とは言えない。しかし、そのことで差別されるようなことがあってはなりません。 事務局側には若い女性にチャンスを与える機会であると前向きに考えていただきたい。 日本国内トップレベルのウォーキング、考え抜かれたスピーチと無駄のないボディメイキング。 日本大会当日は、多くの知人・友人がオーラに満ちた筒井さんの応援に駆けつける。   2位- 文室理惠さん(21歳)は東京都出身の大学生である。10年間中国に住んでいた経験を持ち、現在は北京の大学でジャーナリズムを学び、日本語の先生をしている。日中英3ヶ国語を活用し、国と国との架け橋となりたい文室さん、苦手なウォーキングを日本大会までに克服し、頂点に輝くことができるか?   3位- 村上麻衣さん(25歳)は神奈川県出身の法律事務所・秘書である。また、農園で野菜も育てている。「美への道は一日にしてならず。情熱と真心を持ってステージへ立ちます」日本大会に向けお世話になったウォーキングの先生や、パーソナルトレーニングの先生に村上さんは最高の報告をしたい。   4位- 川崎美海さん(21歳)は女優である。最近、再び読んだ小説、浅き夢見し。「いつも勇気、センス、根性を、与えてくれるシンデレラ物語です」「この1週間強い心の持ち様が大切」川崎さんは接骨院やボクシングジムに通って日本大会の準備を行う。日本大会当日、美しい海に太陽(上位入賞)は昇るだろうか?   5位- 影山鈴華さん(21歳)は埼玉県出身の大学生である。 18年間よさこいを続け、国内のミスコンにはこれまで2度出場、イタリアへの留学経験があります。「身も心も美しく、より独創的に」影山さんの個性がステージ上で輝きを放つ。   6位- 岩本恵美加さん(25歳)は静岡県出身のモデル・MCである。テレビでリポートを担当。「先日、友人から日本大会頑張ってねと、可愛い花と、入浴剤、心がポッとなるようなメッセージカードをもらいました」辛いことも笑顔で乗り越えることのできる岩本さん、彼女のスピーチに注目したい。   7位- 福井千聖さん(25歳)は兵庫県出身のモデルである。 「10月25日の日本大会に向けて、ウォーキング・ポージング・スピーチのレッスンにも力が入っています」福井さんは自分の可能性を信じ、前進し続ける。   8位- 及川春香さん(22歳)は神奈川県出身の大学生・モデルである。小さな頃からアトリエに通い、現在は美術大学に通う。「自己表現に興味を持ちモデル、女優の道を選びました」 芸術で世界に平和を、及川さんの可能性もまた無限大だ。 9位- 児玉凜来さん(20歳)は東京都出身の大学生である。 大学では異文化コミュニケーションを学び、将来の夢は祖母のようなモデルになること。K-1のハイキックを得意とするギャップを持つ児玉さん、凛とした姿で日本大会のステージへ立つ。   10位- 鈴木真美さん(24歳)は静岡県出身のウォーキング講師・モデルである。現在、自分が経験したことを生徒達に指導する。「将来はチャリティー活動をより多くの人に伝えたい」という鈴木さん、教え子たちに上位入賞のニュースを届けたい。   この日2017年ミス・インターナショナル日本代表に輝き、2016年日本代表の山形純菜さんからブルーの冠を引き継ぐのは誰でしょうか? ここでその他の12名を紹介したい。 /伊勢 翔太

2016 dermozone ミス・スプラナショナル・ジャパン ファイナリストの紹介 2016 dermozone Miss Supranational Japan will be held at the Omiya Sonic City on May 6th. The pageant will be seen live...

第2回 MUJ2016 ホットピック (注目する出場者のランキング) ホテル椿山荘でビューティー・キャンプが開始され3日が経過しました。ここでファイナリストの中から特に注目の16名を紹介したい。 1. ミス香川の坂本亜里加さんはミスコンファンから絶大な人気を集めています。シンクロナイズドスイミングの選手時代には、最低でも1日5時間は水の中でトレーニングをするなどフィジカルや技術だけでなく、メンタルも同時に鍛えられました。“The first and victory is to conquer self”「ありのまま、悔いのないよう1日1日を全力で私らしく楽しもうと思っています」 2. ミス富山の中沢あゆみさんはBC直前までダンスの練習に取り組みました。3年前に初めて挑戦したミス・ユニバース。モデルとしての経験が長い中沢さんは、服を見せるのではなく自分を魅せるミスコンの世界の壁にぶつかりました。「冬は必ず春となる」その信念通り、壁を乗り越え今年富山代表に選ばれました。最近のお気に入りの曲は Superflyのbeautiful、世界でひとつの輝く光になる。 3. ミス滋賀の中沢沙理さんは今年、“改革”を目標にして過ごしています。「本当の意味で豊かになるということは、誰かのために行動をして誰かのために考えることができる人だと思います」誰よりも負けず嫌いでマイペースな中沢さん、今出来る事を着実に頑張り、地に足をつけて実力をつけて日本大会へ臨むつもりだ。 4. ミス東京の中村莉紗子さんは、先週高円宮妃殿下主催の第18回ジャパン・ワイン・チャレンジの授賞式に出席しました。そこで、ワイン・イントゥ・ウォーター (W2W)というチャリティー活動を知り興味を持ちました。 中村さんのピンク好きは、過去にMUJとして世界大会へ出場した祖母譲り。「自分への課題がたくさんあります。自分らしさを忘れず、切磋琢磨しながら、頑張っていきたいです!」 5. ミス沖縄の糸数小夏さんは中学時代、沖縄県代表として全国中学校文化大会に太鼓で出場しました。現在は空港にグランドスタッフとして勤務。 職場ではスキルアップに力を入れそれが上司に認められ、賞を受賞しました。「私は私が大好き」日本大会でもこの言葉を唱え、強い気持ちでステージへ向かう。       6. ミス徳島の有家かおりさんは小学生の時に空手で数々の賞を受賞しました。小学校5年生からはダンスを始め、中学生の時に全国大会で優勝。モデルとしてシンガポールで行われたアジアスタイルコレクションにも出演しました。小さい頃からナンバーワンにならなければ気が済まない性格だと言う有家さん。”If you can dream it, you...

第3回 MUJ2016 ホットピック (注目する出場者のランキング) ホテル椿山荘で行われているビューティーキャンプも残り1週間を切りました。今回は水着写真を見て選んだ、特に注目の16名を紹介したい。 1. ミス神奈川の高橋未来さんのポーズ・プロポーション、そして肌の色は完璧だと多くの人が言っています。また、一枚の写真を見ただけでも彼女がミス・ユニバース世界大会のことをよく研究していることがはっきりと分かります。 2. ミス鳥取の青山美直さんのプロポーションは素晴らしく、可愛らしいルックスが海外のファンからも注目されています。 3. ミス福井の山田益実さんはとてもセクシーで、その姿は自信に満ちています。 4. ミス長崎の若林薫子さんの若々しい美・綺麗な体のライン、そして美しい髪はとても魅力的です。 5. ミス沖縄の糸数小夏さんの体はアスリートのように鍛え上げられています。 6.ミス滋賀の中沢沙理さんはすらっとしていていますが、決して不自然に弱々しくは見えません。 7. ミス群馬の福井リエさんはファイナリストの中でも、水着を着ての正しいポーズを取った一人に数えられます。 8. ミス徳島の有家かおりさんはポーズが間違っていなければさらに順位を上げることが可能でした。ファイナリストの中で、1、2位を争うベストボディであることは間違いありません。 9. ミス富山の中沢あゆみさんの体は残念ながらバランスが悪いですが、変わらず多くのファンが彼女を応援しています。 10. ミス熊本の松本紗也加さんはシンプルで、アジア人らしい顔立ちとシルクのように真っ白な肌が魅力的です。 11. ミス北海道の平山奏那子さんは、その長い脚が一番の強みです。 12. ミス長野の轟瑞恵さんの表情は少し硬いですが、いい体のプロポーションを持っています。 13. ミス岡山の磯部茉緒さんは自信があるように見え、そのことにファンも気づき始めています。 14. ミス香川の坂本亜里加さんはお世辞にも褒められるポーズではなく、また体重を落とす必要があります。彼女を見ると、2014年ミス宮城代表の高橋理紗さんの活躍を思い出します。 15. ミス佐賀の齋藤奈紀さんは脚が長くプロポーションもいいですが、水着を着てのポーズは良くありませんでした。 16. ミス奈良の高野佑希子さんはプロフィール写真では目立ちませんでしたが、水着写真では自分の良さを出すことができました。 今までのところ上記のトップ16のみが日本大会のステージで水着審査に臨むにふさわしく、残りのファイナリストは残念ながら不自然なポーズ・痩せすぎなどで評価されませんでした。残りの6日間で巻き返しを図って下さい。

2015年ミス•インターナショナル日本大会を振り返って   Miss International Japan 2015 was held on November 4th at the La Foret Museum in Roponggi.  18-year-old Arisa Nakagawa of Tokyo, bested 30 other finalists...